武蔵野の台地に広がる野草や野鳥、昆虫など自然の宝庫

野川公園

野川公園
野川公園

「野川公園」は、前身は「国際基督教大学」のゴルフ場であったが、「武蔵野の森構想」のもとに造成が行われ、1980(昭和55)年に開園した公園。約40万平方メートルの広大な都立公園で、調布市・小金井市・三鷹市の3市にわたっている。

園内は、野川と都道246号線(東八道路)によって、概ね南北に3つのエリアに分かれている。野川よりも北側は武蔵野の豊かな自然が残された自然観察園。しょうぶ池やほたる池、かがみ池などがあり水の流れも多く、わき水広場では水遊びもできる。

野川と都道246号線(東八道路)に挟まれたエリアには、起伏のある芝生広場が広がっている。自然観察センターも設けられており、四季を楽しみながら植物や昆虫の観察ができる。野川公園の見どころ情報なども解説しているので、まずは立ち寄ってから公園を歩いてみるのもいいだろう。自然観察会や手細工教室、ガイドウォークなども随時開催している。

野川公園
野川公園

都道246号線(東八道路)よりも南側は、園内で一番広いエリア。広々とした芝生があり、体を動かしたりのんびりとしたり自由に楽しむことができる。隣のわんぱく広場には複合遊具やターザンロープなどの遊具も充実している。また、バーベキュー広場や人工芝テニスコート8面もあるので、家族みんなでいろいろな楽しみ方ができる。

野川公園
野川公園

野川公園にはコナラ、ケヤキ、アカマツ、ヒマラヤスギ、クスノキ、クヌギなど。8,450本・11,500株が緑豊かに茂っている。これも、「緑の愛護ボランティアの会」の方々が草刈りや遠路の整備などを行って自然を守ってくれているから。いっぱいの緑とたくさんの生き物、そして整えられた施設に楽しいイベント。みんながいつも、気持ちよく集える公園だ。

野川公園
所在地:東京都調布市野水1・2、小金井市東町1、三鷹市大沢2・3・6
電話番号:0422-31-6457
http://musashinoparks.com/kouen/nogawa/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ