「東京」駅まで2駅の「尾久」駅が最寄り、穏やかな住宅地が広がる北区昭和町

北区昭和町はJR宇都宮線・高崎線「尾久」駅の北側に広がるエリア。大部分は閑静な佇まいの住宅街で、エリアの北側には隅田川や荒川が流れ、自然に親しめるスポットも多い。

温泉街として栄えた歴史を持つ街

昭和町周辺では「中里貝塚」や「西ヶ原遺跡」が発見されており、古くから人々の暮らしが営まれていたことが伺える。明治時代には北豊島郡滝野川村の一部となり、1932(昭和7)年の東京市編入に伴い滝野川区へ移行。1947(昭和22)年には王子区と合併して、北区が誕生している。

長い歴史を持つ遊園地「あらかわ遊園」
長い歴史を持つ遊園地「あらかわ遊園」

古くは農村地帯が広がっていた昭和町周辺だが、大正時代に入るとエリアの東側、現在の西尾久二丁目でラジウム鉱泉の「尾久温泉」が湧き、花街として発展。1922(大正11)年には「荒川遊園(現・あらかわ遊園)」も開園し、レジャースポットとしても人気を集めたという。

JR宇都宮線・高崎線「尾久」駅至近という好立地

上野東京ライン開通で「尾久」駅から「東京」駅にダイレクトアクセス可能に
上野東京ライン開通で「尾久」駅から「東京」駅にダイレクトアクセス可能に

昭和町は「尾久」駅に近いこともあり、交通アクセスの利便性に恵まれている。「尾久」駅から利用できるJR宇都宮線・高崎線は上野東京ラインの開通により、「上野」駅から「東京」駅を経由してJR東海道線への直通運転が始まった。これにより「東京」駅や「品川」駅、「横浜」駅などへも乗り換えなしでアクセスできるようになり、利便性が飛躍的に向上している。

「昭和町三丁目」停留所からは「池袋」駅方面に向かうバスを利用できる
「昭和町三丁目」停留所からは「池袋」駅方面に向かうバスを利用できる

昭和町周辺はバス路線も多い。「昭和町三丁目」停留所からは「池袋」駅や「浅草雷門」に向かうバスが発着し、目的地によっては電車よりも速く移動できることもある。

近隣にスーパーマーケットが多数

日常の買い物に便利な「東武ストア 西尾久店」
日常の買い物に便利な「東武ストア 西尾久店」

暮らしに欠かせないショッピング施設も多い。とくにスーパーマーケットは「東武ストア 西尾久店」「スーパーバリュー 西尾久店」「オリンピック 西尾久店」と、多くの店が揃う。「おぐぎんざ商店街」や「霜降銀座商店街」など下町情緒を感じる商店街が近いことも魅力だ。

エリアの北東、尾久橋を渡った場所には「島忠ホームズ 足立小台店」や「ケーズデンキ 足立店」といった大型専門店もあり、多彩な買い物ニーズに応えてくれるだろう。

北区は子育てファミリーにうれしい街

「まごころ会保育園」をはじめ保育施設が充実
「まごころ会保育園」をはじめ保育施設が充実

北区では「子育てするなら北区が一番」をスローガンとして掲げ、子育てしやすい環境づくりに力を入れている。とくに保育施設の整備には力を入れており、北区の保育園の整備率は42.0%と23区中で最も高い。昭和町周辺にも「まごころ会保育園」や「木の実保育園」といった保育施設が揃う。

経済的な支援も手厚く、例えば私立幼稚園に入園した子どもがいるファミリーには入学祝い金として40,000円が支給されるほか、保護者負担軽減補助金として毎月上限14,200円補助される。さらに所得制限があるものの毎月上限25,666円の就園奨励費補助金もある。北区では「子ども医療費助成制度」が高校生まで拡大されていることもうれしい。

子育て情報をまとめた「北区子育てガイドブック」の発行、ガイドブックや北区子育てマップなどの案内冊子を入れた「子育て福袋」を配布するなどソフト面の子育て支援も充実している。

緑豊かな公園が充実

憩いの場として親しまれている「滝野川公園」
憩いの場として親しまれている「滝野川公園」

昭和町周辺では自然に親しめるスポットが多いことも魅力だ。隅田川沿いには「隅田川テラス」や「尾久の原公園」、荒川沿いには「江北橋緑地」やサイクリングロードがあり、開放的な風景を眺めながら散策やジョギング、サイクリングを楽しめる。エリアの西や南側にも「飛鳥山公園」や、「滝野川公園」「旧古河庭園」などの緑豊かな公園があり、散策の目的地には事欠かない。ファミリーには多彩なアトラクションがあるのりもの広場や動物との触れ合いが楽しめるどうぶつ広場などを備えた「あらかわ遊園」が人気だ。

都心に近いながら、穏やかな雰囲気が漂う北区昭和町。この街はファミリーがのびのびと暮らせる街といえるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ