明治30年開校、3本の木がシンボル

練馬区立大泉第一小学校

練馬区立大泉第一小学校
練馬区立大泉第一小学校

「練馬区立大泉第一小学校」は関越自動車道「大泉IC」近くの住宅街にある児童数約280名の小規模校。「大泉小学校」の橋戸分校として1897(明治30)年に開校し、1946(昭和21)年に独立した。
校庭にある「元気の木」、「勇気の木」、「根気の木」の三本の木が学校のシンボルとなっている。

特徴的な取り組みの一つに「詩の暗唱」がある。教職員が児童の暗唱を聞き、合否を判定する。課題として与えられた詩をすべて暗唱し、合格すると、校長室でスペシャル暗唱に挑戦できる。
また、2時間目と3時間目の間の休み時間は「運動遊び」の時間となっており、天気の良い日には外に出てみんなでしっかりと身体を動かす。

オリンピアンやアーティスト、地域住民などをゲストティーチャーに招いての授業や、PTAや地元商店街による朝市の開催など、地域のサポートも厚い。

練馬区立大泉第一小学校
所在地:東京都練馬区大泉町3-16-23 
電話番号:03-3925-2455
http://www.ooizumi1-e.nerima-tky.ed.jp/

詳細地図