品川区の中心にあり、ショッピング施設や公共施設が使いやすい品川区大井

品川区は東京23区の南に位置し、古くから交通の要衝として発展した。大井は品川区のほぼ中央、「大井町」駅の南に広がり、「品川区役所」や「きゅりあん(品川区立総合区民会館)」など公共施設が集まる品川区の中心地として機能しているエリアだ。

3路線が集まるターミナル「大井町」駅

JR京浜東北線などが乗り入れる「大井町」駅
JR京浜東北線などが乗り入れる「大井町」駅

「大井町」駅に近い大井は交通アクセスの利便性が高い。「大井町」駅にはJR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線の3路線が乗り入れる。「品川」駅にはJR京浜東北線で約3分と短時間でアクセスできるほか、「新橋」駅や「東京」駅にもダイレクトアクセス可能。「渋谷」駅や「新宿」駅にはりんかい線のJR埼京線直通電車を使えば、乗り換えなしでアクセスできる。

「品川」駅からの東海道新幹線利用や「羽田空港」からの飛行機利用も便利だ。2027年には「品川」駅からリニア中央新幹線を利用できるようになる予定で、今後のさらなる利便性向上も期待できる。

国道15号第一京浜や国道1号第二京浜、山手通り、環七通りといった幹線道路、首都高速道路1号羽田線「勝島」出入口、「鈴ヶ森」出入口、首都高速道路湾岸線「大井」出入口、「大井南」出入口も近く、自動車も使いやすい。

「大井町」駅周辺に大規模ショッピング施設が充実

「大井町」駅前の「阪急大井町ガーデン」
「大井町」駅前の「阪急大井町ガーデン」

大井は買い物環境にも恵まれている。「大井町」駅周辺には駅ビルの「アトレ大井町」や「アトレ大井町2」をはじめ、「イトーヨーカドー 大井町店」、「阪急大井町ガーデン」、「ヤマダ電機 LABI品川大井町」といった大規模ショッピング施設が集まる。レトロな雰囲気が懐かしい「大井銀座商店街」も広がり、多彩な買い物を楽しめる。

「大井町」駅周辺には割烹からイタリアンやフレンチまでバラエティ豊かなグルメの店が揃い、食の楽しみも豊富だ。

教育が充実している品川区

小中一貫教育を行う「品川区立伊藤学園」
小中一貫教育を行う「品川区立伊藤学園」

品川区は東京23区でも小中一貫教育や小学校での本格的な英語教育、経済体験学習などユニークな教育を行っていることでも注目されている。大井周辺でも「品川区立伊藤学園」が施設一体型小中一貫校となっている。

エリア周辺には「学校法人小野学園幼稚園」や「品川区立一本橋保育園」など幼稚園、保育施設が多く、子育てファミリーが暮らしやすい環境が整う。

休日の楽しみも豊富

多彩な公演が開かれる「四季劇場[夏]」
多彩な公演が開かれる「四季劇場[夏]」

大井周辺にはファミリーで楽しめるレジャー施設も多い。「大井町」駅近くには劇団四季の「四季劇場[夏]」や2018(平成30)年にオープンした大型複合スポーツ施設「スポル品川」があるほか、ウォーターフロントに少し足をのばせば「しながわ中央公園」や「鮫洲運動公園」、「戸越公園」などの緑豊かな公園も広がる。

「しながわ水族館」にもアクセスしやすい
「しながわ水族館」にもアクセスしやすい

「しながわ水族館」や「しながわ区民公園」には「大井町」駅から無料バスがあり、気軽にアクセスできることもうれしい。

「大井町」駅周辺には「阪急大井 テニス&ゴルフスクール」や「ジェクサー・フィットネスクラブ大井町」などスポーツ施設が充実し、平日の仕事帰りや休日の空いた時間にリフレッシュできる。

今後の発展にも期待

「大井町」駅周辺は駅ビルや複合施設の開発が進み、タワーマンションも増加してきた。現在、「大井町」駅では、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催を目指して駅構内のバリアフリー化が進められており、エレベーター、エスカレーターの増設工事が進められている。2019年秋にはコンコースが拡張されることになっており、駅の利用がますます快適になりそうだ。

これからの発展も期待できる品川区大井。ここは住まいの場として理想的な街と言えるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ