働く女性にうれしい街、武蔵小山エリア

東急目黒線「武蔵小山」駅周辺エリアは、地形的には武蔵野台地の東端にあり、高燥な環境に恵まれている。「武蔵小山」駅周辺は、品川区の中でも目黒区との境界付近に位置し、JR山手線からの距離が短いにもかかわらず、閑静な佇まいの住宅地が広がる。このエリア内には1923(大正12)年目黒蒲田電鉄の「小山(現・武蔵小山)」駅が開業。戦後に区画整理が行われ、住宅地として発展を遂げた。「武蔵小山」駅の東側と南側に広がる碁盤の目状の街並みは、この時の区画整理により整備されたものだ。近年はおしゃれなグルメの店も増え、洗練されたベッドタウンに成長している。

「目黒」駅まで東急目黒線急行でわずか2分

「武蔵小山」駅からビジネス街へダイレクトアクセス可能
「武蔵小山」駅からビジネス街へダイレクトアクセス可能

交通アクセスの利便性も高い。「武蔵小山」駅には東急目黒線の各駅停車のほか急行も停車する。急行に乗れば「目黒」駅にはわずか2分。「目黒」駅からJR山手線に乗り換えれば、「品川」駅や「東京」駅、「渋谷」駅や「新宿」駅など都心のターミナル駅へのアクセスもよい。東急目黒線は都営地下鉄三田線、東京メトロ南北線と直通運転が行われており、「日比谷」駅や「大手町」駅、「溜池山王」駅や「永田町」駅などにもダイレクトアクセス可能だ。

また、「目黒」駅からはタクシーで昼は1,000円程度、深夜でも1,500円以内と気軽に利用できる距離にあり、深夜の帰宅や荷物の多い時はタクシーも使いやすい。

日常の買い物から休日のショッピングまで身近で楽しめる

都内最長を誇る「武蔵小山商店街 パルム」
都内最長を誇る「武蔵小山商店街 パルム」

武蔵小山は買い物環境にも恵まれている。「武蔵小山」駅東側には都内最長を誇る「武蔵小山商店街 パルム」がある。この商店街には食器店や家具店など老舗の店のほか、100円ショップや飲食のチェーン店など日常の暮らしに便利な店も並ぶ。

「武蔵小山駅ビル」にも人気のショップが揃う
「武蔵小山駅ビル」にも人気のショップが揃う

2010(平成22)年には「武蔵小山」駅の駅ビルがオープンし、「無印良品 武蔵小山店」などのショップを仕事帰りに気軽に利用できるようになった。

「Salut」などおしゃれなショップを訪ねるのも楽しみ
「Salut」などおしゃれなショップを訪ねるのも楽しみ

商店街から少し離れた住宅街にも、「Salut」や「TRANSHIP」などのインテリアや雑貨のおしゃれな店が点在し、散策がてら買い物するのも楽しい。

自由が丘や中目黒、恵比寿などのトレンドエリアへ乗り換え1回で移動できるのも魅力だろう。

多彩なグルメを楽しめる街

本とお茶を楽しめる「HEIMAT CAFE」
本とお茶を楽しめる「HEIMAT CAFE」

武蔵小山はグルメの楽しみも多い。2015(平成27)年にミシュランガイドに掲載された蕎麦割烹「くらた」をはじめ、ブックカフェの「HEIMAT CAFE」など多彩なジャンルの店が集まり、気分やシーンに合わせてぴったりの店を選ぶことが可能だ。また、武蔵小山は趣のある老舗の居酒屋が多いことでも知られ、遠方から訪れる客も多いという。

緑豊かで暮らしの中に季節が息づく

緑豊かな「林試の森公園」
緑豊かな「林試の森公園」

緑に親しめるスポットが多いことも特徴だろう。「武蔵小山」駅の北西には広大な面積を誇る「林試の森公園」があり、緑の中で散策やランニングを楽しむことができる。「かむろ坂」や目黒川沿いなど桜の名所も多く、季節の移ろいを肌で感じられることもうれしい。

「武蔵小山温泉 清水湯」では天然温泉も楽しめる
「武蔵小山温泉 清水湯」では天然温泉も楽しめる

「武蔵小山」駅の東に建つ銭湯「武蔵小山温泉 清水湯」は、天然温泉のほか岩盤浴もあり、散策や仕事帰りにリフレッシュしてから帰宅することも可能だ。

再開発事業の進捗で生まれ変わりつつある「武蔵小山」駅周辺

現在、「武蔵小山」駅周辺では再開発事業が進められている。新たなショッピング施設が誕生し、駐輪場や駐車場も整備されることになっている。再開発事業の完了は2020(平成32)年6月を予定しており、今後さらに魅力を増すことは間違いなさそうだ。

都心方面のアクセスに恵まれ、ショッピング施設にグルメの店も多い、武蔵小山エリア。女性も暮らしやすい街として注目を集めている。