重要文化財指定の歴史ある建物を誇る老舗百貨店

日本橋三越本店

日本橋三越本店
日本橋三越本店

「日本橋三越本店」は江戸時代の1673(延宝元)年に呉服店「越後屋」として開業したのが始まり。1904(明治37)年に「株式会社三越呉服店」を設立するとともに『デパートメントストア宣言』をし、現在の百貨店の形ができあがった。つまり、日本のデパートの歴史を牽引し続けてきたのがこの「三越」なのである。

正面入口のライオン像
正面入口のライオン像

現在の「三越日本橋本店」となる建物が最初に建てられたのは1914(大正3)年。ルネッサンス様式の建築で、当時は「スエズ運河以東最大の建築」と称された。また、内部はセセッション風・アダム式・ジャコビアン式・ルイ16世式などの様式が各場所に施され、エスカレーターやエレベーターなど日本初の最新設備も備えられた。そしてこの当時から正面玄関で2頭の「ライオン像」が出迎えている。

古い歴史を紡いできたパイプオルガン
古い歴史を紡いできたパイプオルガン

最初の建物は関東大震災により焼失。その後1935(昭和10)年、今の本館となる地上7階、地下2階の建物が完成した。建築当初からあった中央ホールはこの改築の際に拡大され、2階バルコニーにパイプオルガンが移設された。このパイプオルガンは今もなお現役で、毎週水曜、金曜、土曜、日曜の各日開店時、正午、午後3時に演奏されます。

本店中央ホールと天女像
本店中央ホールと天女像

さらに中央ホールにある「天女の像(佐藤玄々作)」は1960(昭和35)年に完成したもの。三越の基本理念「まごころ」を表現しており、「日本橋三越本店」のシンボルとも言える存在となっている。5階に届きそうなまでに高くそびえる天女の姿は、美しさと壮大さで圧巻だ。現在は、2004(平成16)年に建てられた新館とともに、「日本橋三越本店」は2館構成となっている。地下2階と3階、7階に設けられた連絡通路で相互に行き来できる両館には、フードやレストラン、カルチャー、ファッション、ライフスタイルなど、トップクラスの商品が並んでいる。

荘厳な雰囲気のある三越劇場
荘厳な雰囲気のある三越劇場

日本橋三越本店
所在地:東京都中央区日本橋室町1-4-1 
電話番号:03-3241-3311
営業時間:10:00~19:00(本館・新館の地階~1階、免税カウンタ-は~19:30)、新館9F・10Fレストラン 11:00~22:00
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihom..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ