子どもからシニアまでが利用できる多機能施設

三鷹中央防災公園・元気創造プラザ

「三鷹中央防災公園・元気創造プラザ」
「三鷹中央防災公園・元気創造プラザ」

災害に強いまちづくりと多様な機能が融合した元気創造拠点として、2017(平成29)年4月1日にオープンした「三鷹中央防災公園・元気創造プラザ」。「防災対策の促進」「子どもの健やかな育ち」「高齢者・障がい者を含むすべての市民の福祉の向上ならびに健康の保持増進」「生涯学習・スポーツ推進」といった多様な機能が約2万平方メートルの敷地に集約されている。

広場にはたくさんの遊具
広場にはたくさんの遊具

「三鷹中央防災公園」は地震などの災害時に周辺住民に一時避難場所として、災害用トイレなどの防災機能を備えている。特に「中央広場」は都心とは思えないほど開放感に満ちた、緑豊かな広場である。施設内には遊具や健康器具、ランニングコースなどが用意されており、子どもからシニアまで幅広い年齢層が共に過ごせる空間となっている。「中央広場」の地下には「SUBARU総合スポーツセンター」があり、メインアリーナ、サブアリーナ、プール、武道場、小体育室、トレーニング室、軽体操室など、軽スポーツから競技スポーツまで対応可能な充実の施設が揃っている。また、保健センターとの事業連携によるリコンディショニングや体力・スキル・ライフスタイルに応じたスポーツ教室が催されている。

アリーナ
アリーナ

「子ども発達支援センター」は妊娠期からの子どもと子育て家庭をサポートする様々な支援活動を行っている。「保育室」では、生涯学習センターや「SUBARU総合スポーツセンター」を利用する際、1日最大4時間までの一時保育を実施している(満1歳以上の集団生活が可能な子どもが対象)。また、「作業療法室」では遊びを通して、意欲や身体をコントロールする力、生活動作(着替え・食事)を育む指導を行っている。保護者に対しては援助の方法や環境の設定、使いやすい道具などのアドバイスも実施しているので初めての子育て世代にとっては強い味方となってくれるだろう。

会議室
会議室

その他にも2歳~就学前までのお子さんがあそびや課題活動を通して、精神の発達や運動機能の発達を促進したり、日常生活に必要な基本的生活習慣の習得、集団生活への適応力の向上を目的とする「療育室」や、お産の準備や産後の体調管理に有用とされるヨガやストレッチ、ダンスなどができる「体育室」などが用意されている。このエリアに新しく住まいを構えるなら知っておくべき施設の一つと言えるだろう。

三鷹中央防災公園・元気創造プラザ
所在地:東京都三鷹市新川6-37-1
電話番号:0422-45-1111
開館時間:施設により異なる
※三鷹中央防災公園は年中無休
https://www.mitakagenki-plaza.jp

詳細地図