名品「大泉クリーム」で人気の洋菓子店

西洋菓子 おだふじ

カナダ産天然はちみつを使用した「はちみつプリンケーキ」
カナダ産天然はちみつを使用した「はちみつプリンケーキ」

西武池袋線「大泉学園」駅からは徒歩約10分と少し距離はあるものの、複合商業施設「リヴィンオズ大泉店」やシネコン「T.ジョイSEIBU大泉」があり、地域のショッピング&レジャースポットとなっている東映通りにある人気の洋菓子店「西洋菓子 おだふじ」。向かいには、東映撮影所もあり、グルメな芸能関係者の差し入れにも利用されていることで知られている。ネットで検索すると芸能人の名前も検索キーワードに表示されるほど。そのため、メディアでも多数紹介されており、平日で400個、土・日は600~700個売れるというシュークリーム「大泉クリーム」をはじめ、口どけの良い「武蔵野スフレ」、ふわふわブッセ特製コク旨クリーム「ふわ卵」はもはや定番人気商品となっている。

ふわふわブッセ特製コク旨クリーム「ふわ卵」
ふわふわブッセ特製コク旨クリーム「ふわ卵」

「大泉クリーム」が1個162円、「武蔵野スフレ」の「まほうのチーズケーキ」「とろけるチョコレートケーキ」が共に108円という価格も、同店のお菓子が地域の人たちから親しまれている理由の一つ。日常生活の一部になっていると言っても過言ではない。「毎日気軽に食べてほしいから、お財布に優しい価格設定を心掛け、素材も四季折々の旬な素材の持ち味を生かしたお菓子を作っていく。毎日ひと品ひと品、こまめに作ることで出来立ての美味しさを届けたい」という同店のポリシーは、地域の人たちにも浸透しているのだ。

カラフルな包装が楽しい店内の様子
カラフルな包装が楽しい店内の様子

しかし、ビジュアルが求められるテレビというメディアで、意外と紹介されないのが同店の焼き菓子。生菓子に勝るとも劣らないこだわりと、「毎日ひと品ひと品、こまめに作ることで出来立ての美味しさを届けたい」という想いは焼き菓子にも込められているのだ。その一例として挙げられるポイントは、一部の焼き菓子を除いて、ほとんどの商品に脱酸素剤を使用していないこと。脱酸素剤を入れるとお菓子の風味を全て吸い取ってしまうため、お菓子のうま味や香りを堪能できるよう、焼き菓子としては日持ちが短くなるが、毎日少量ずつ焼き上げることで、そのポリシーを実践し続けている。

色とりどりの「おだふじマカロン」
色とりどりの「おだふじマカロン」

店内は混雑に配慮して、左側の焼き菓子の棚から始まり、奥のカットケーキのショーケース、右手のホールケーキ、予約商品の引き取りコーナー、レジという順路になっている。店内中央には色鮮やかなマカロンや、大粒の丹波黒豆がアクセントとなっている「和(なごみ)のマドレーヌ」などの焼き菓子が並んでいる。マカロンというと、ショーケースの中に並んでいることも多いが、一つひとつをお客様自らがその日の気分で手に取って選べるのもポイント。お菓子を選ぶワクワク感が楽しめる。また、「和(なごみ)のマドレーヌ」は、高級感のある風呂敷にしゃれた結びの贈答仕様にもアレンジ可能。

贈答品にもピッタリの包装が可能
贈答品にもピッタリの包装が可能

さらに、おだふじの“美味しい詰め合わせ”も、基本はクッキー6袋、焼き菓子7個だが、予算に合わせて商品をカスタマイズでき、和テイストの風呂敷も好きな柄を選ぶことができる。箱入りで2,018円(税別2,180円)とは思えない高級感がある。柄も多彩だが、それぞれにかわいいモチーフなので、風呂敷選びにも結構悩んでしまいそうだ。

今回は、そんな同店オススメの、カナダ産天然はちみつを使用した「はちみつプリンケーキ」と、子どものおやつにも人気というパウンドケーキを購入した。

種類豊富なパウンドケーキ
種類豊富なパウンドケーキ

「はちみつプリンケーキ」は、カスタードプリンをイメージした新しい美味しさの焼き菓子。卵黄とアーモンドプードルたっぷりのリッチなバター生地に、カナダ産クローバーはちみつとホワイトチョコレートでまろやかさをプラスし、伝統のクグロフ型でじっくり焼き上げ、キャラメルシロップにくぐらせたお菓子で、ギフトシーズンには1日1,000個が完売する人気商品だという。日持ちは約2週間と、同店の焼き菓子の中ではやや長い。しかもそれが1,000円(税別1,080円)と非常にリーズナブルなのも嬉しい。

パウンドケーキはカットして一つひとつがラッピングされているので、賞味期限5日だが、開封しなければ、脱酸素剤を使わない焼き菓子ならではの味わいや風味を楽しむことができる。ドライフルーツがふんだんに入っている「フルーツのパウンド」をはじめ、アールグレイの茶葉を練り込んだ風味豊かな「紅茶のパウンド」、オレンジ風味のバターケーキにやわらかく煮たオレンジの皮を混ぜ込んで焼き上げた「オレンジのパウンド」、いずれもしっとりと味わい深い。焼き菓子も侮れない美味しさの「西洋菓子 おだふじ」なのであった。

※価格は2017(平成29)年6月現在のもの。

西洋菓子 おだふじ
所在地:東京都練馬区東大泉2-15-15 
電話番号:0120-68-6882(フリーダイヤル)
営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜日(祝祭日の場合は営業)
http://odafuji.jp/

詳細地図