馬込に暮らすファミリーの平日

都心へアクセス良好な「馬込」駅が徒歩圏内。東急大井町線・池上線「旗の台」駅や東急大井町線「荏原町」駅、JR「西大井」駅やJR「大森」駅などが自転車で行かれる距離にある、馬込エリア。通勤時間の短縮で快適な毎日を送る、ある夫婦の平日をご紹介します。

image photo
image photo

時計

7:00

家族そろって、朝食

Cafe de LA TACHE(カフェ・ド・ラ・ターシュ)のパン
Cafe de LA TACHE(カフェ・ド・ラ・ターシュ)のパン

朝食は、旗の台にある「Cafe de LA TACHE(カフェ・ド・ラ・ターシュ)」のパン。こちらのクロワッサンとロールパンが、我が家の定番。旗の台、荏原町、長原など、東急線沿線には人気のパン屋さんが点在していて、私(ママ)が会社帰りに買うことが多い。子どもを起こして、家族三人で食卓を囲む。

時計

8:00

家を出発、パパは都営浅草線「馬込」駅から勤務先へ

ポピンズナーサリースクール馬込
ポピンズナーサリースクール馬込

家族そろって8時に家を出発。パパは子どもを「ポピンズナーサリースクール馬込」に預け、都営浅草線「馬込」駅から勤務地の新橋へ。「新橋」駅まで乗車時間は約18分。「ポピンズナーサリースクール馬込」は20時まで延長保育対応なので、残業が長引いてしまっても安心。

時計

8:00

家を出発、ママは東急大井町線「荏原町」駅から勤務先へ

荏原町駅
荏原町駅

私(ママ)は自転車で東急大井町線「荏原町」駅へ。駅近くの駐輪場に自転車を停めて、「荏原町」駅から東急大井町線「大井町」駅経由でJR「品川」駅近くのオフィスへ出社。「荏原町」駅から乗車時間は約9分、乗り換えを含めても15分ほどで品川に到着。

時計

16:00

会社を出て、子どもを迎えに行く

ottoパン
ottoパン

私(ママ)は、時短で早めに退勤。「荏原町商店街」近くのベーカリー「ottoパン」で明日の朝食用のパンを購入し、保育園へ子どもを迎えに行く。10分かからずに、「ポピンズナーサリースクール馬込」に到着。自転車利用で、機動力が抜群にUPしたと思う。

時計

17:00

「YSA」でキッズダンス

YSA
YSA

今日は保育園帰りに「YSA」でキッズダンスのレッスン。総合格闘家の故・山本“KID”徳郁選手のスポーツジムで、パパが筋トレで通い始めたのをきっかけに、息子も入会。キッズ向けにはレスリングなどのプログラムがあり、保育園仲間にも人気。このエリアは、空手や合気道、英語や音楽、小学校受験対応の知育系幼児教室など、子どもの習い事が充実している。

時計

17:30

「馬込中央診療所」で受診

馬込中央診療所
馬込中央診療所

子どもが「YSA」でダンスのレッスンを受けている間に、私(ママ)は近くにある「馬込中央診療所」で歯科治療を受ける。歯科のほかに、内科、小児科、皮膚科、産婦人科などの診療科目があり、家族でかかりつけ医として利用している。「昭和大学病院」や「荏原病院」といった中核医療病院も自転車で行かれる距離にあり、いざというときも安心。

時計

18:00

「馬込図書館」で本を借りる

大田区立馬込図書館
大田区立馬込図書館

歯科治療を終えて、子どものお迎えに移動。大好きなダンスレッスンを終えて、子どもはご機嫌。「YSA」から自転車ですぐ(約300メートル)の「大田区立馬込図書館」へ寄り、予約していた絵本やCDを受け取る。そろそろ、パパが会社を出る時間。急いで帰ろう!

時計

18:30

帰宅、夕食の準備

image photo
image photo

帰宅後、急いで夕食の準備。パパが帰ってきたので、図書館で借りてきた絵本を読んでもらい、夕食ができるまで待ってもらう。料理で手が離せないときに、パパに子どもを見てもらえるので、本当に助かる!

時計

19:00

夕食

image photo
image photo

パパが帰りがけに「ライフ 上池台店」で買い足してくれた野菜も活用して、夕食が完成。大好きなハンバーグに、子どももパパも大はしゃぎ。今日会った出来事などを話しながら楽しい食卓。

時計

20:30

子ども就寝、明日の準備

image photo
image photo

キッズダンスで体をいっぱい動かしたからか、子どもは入浴後、あっという間に就寝。夫婦で手分けして明日の準備。保育園からの連絡帳を見て、パパは登園準備。私は、野菜をカットして朝食の下ごしらえ。明日の準備を終えたら、パパと一緒にお茶を飲んで一息つこう!

<一言>

「馬込」エリアの魅力は、交通アクセスの利便性です。「馬込」駅は都営浅草線しか通っていませんが、五反田、日本橋、東銀座、浅草へ乗り換えなしで行くことができるほか、京急線や京成線とも直通運転しているため、「羽田空港」や「成田空港」へも1本で行けます。沿線には名門私学もあり、子どもの進学・通学にも恵まれた環境だと思います。