武蔵野市関前のエリア概要

暮らしの利便性と、武蔵野らしい豊かな自然環境を併せ持つ「武蔵境」の魅力

武蔵野市関前は「武蔵境」駅の北側に位置し、買い物や交通アクセスの利便性に恵まれたエリアだ。おおむね標高60m前後の武蔵野台地上にあり、玉川上水や千川上水沿いなど緑に親しめるスポットも多い。

玉川上水開通で農村が形成、近年の都市インフラ整備で暮らしやすい街へ

この地の歴史を今に伝える「杵築大社」
この地の歴史を今に伝える「杵築大社」

江戸時代初期、現在の「武蔵境」駅付近には松江藩松平氏の下屋敷が造られ、鷹狩りの際などに使われていたという。現在も残る「杵築大社」は、松平氏下屋敷内に勧請されたものがルーツだ。

玉川上水の開通で水の便が得られるようになると、武蔵野台地の各地で新田開発が盛んに行われた。使われなくなった松平氏下屋敷跡地でも、屋敷奉行であった境本氏により新田を開拓。やがて境本氏の名字から境新田と呼ばれるようになり、武蔵境の地名の由来になった。

1889(明治22)年に甲武鉄道(現・JR中央線)が開通、「境(現・武蔵境)」駅が開業すると、駅前を中心に都市としての発展が始まった。1927(昭和2)年に「関東中学校(現・聖徳学園)」、1937(昭和12)年に「日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)」、1941(昭和16)年に「亜細亜大学」と多くの教育施設も進出し、文教エリアという役割も持つようになる。

新武蔵境通りの開通で南北の交通アクセスがさらに便利に
新武蔵境通りの開通で南北の交通アクセスがさらに便利に

近年は都市インフラの整備が進められ、成熟した街へと進化を遂げた。1999(平成11)年に始まった「武蔵境」駅周辺の高架化は2009(平成21)年に完了。さらに、新武蔵境通り(調布保谷線)の暫定供用も開始され、JR中央線の線路の南北の行き来がスムーズになった。

武蔵境駅北口駅前広場
武蔵境駅北口駅前広場

また、高架化で生まれたスペースには「nonowa武蔵境」や「Emio武蔵境」、「ののみち サカイ西」といったショッピング施設がオープン。2016(平成28)年4月には「武蔵境」駅北口の駅前広場も完成している。今後は「武蔵境」駅北口で「武蔵境市政センター」などが入る複合施設の整備が予定されており、さらに便利になりそうだ。

JR中央線で都心方面に直結

JR中央線と西武多摩川線が乗り入れる「武蔵境」駅
JR中央線と西武多摩川線が乗り入れる「武蔵境」駅

関前に暮らす場合、交通アクセスの利便性は大きな魅力になる。「武蔵境」駅からJR中央線に乗れば、「新宿」駅や「東京」駅など都心部へダイレクトアクセス可能。1駅目の「三鷹」駅は各駅停車の始発駅で、少し並んで待てば座って移動することもできる。各駅停車には東京メトロ東西線への直通電車もあり、「大手町」駅や「日本橋」駅方面へのアクセスもスムーズだ。また、2駅目の「吉祥寺」駅は京王井の頭線の始発駅となり、「渋谷」駅方面へ向かう際も座って移動できる。

「武蔵境」駅はバス路線の拠点でもある。とくにコミュニティバスの「ムーバス」は100円均一と使いやすく、「三鷹」駅方面への移動に便利だ。

多彩なショッピング施設が身近に

日常の買い物に便利な「いなげや 武蔵野関前店」
日常の買い物に便利な「いなげや 武蔵野関前店」

関前は買い物の魅力も多い。エリア内にはスーパーマーケット「いなげや 武蔵野関前店」があり、日常の買い物はここで済ませることができる。

Emio武蔵境
Emio武蔵境

「武蔵境」駅前には、駅直結の「nonowa武蔵境」や「Emio武蔵境」をはじめ、大規模ショッピング施設の「イトーヨーカドー 武蔵境店」、にぎやかな商店街「すきっぷ通り」があり、多彩な買い物ニーズに応えてくれる。

電車を利用すれば、多摩地域有数のショッピングタウン「吉祥寺」駅周辺も日常圏内で、気軽に買い物を楽しめることもうれしい。

人気の教育施設が近隣に揃う

「武蔵野市立関前南小学校」に短時間で通学可能
「武蔵野市立関前南小学校」に短時間で通学可能

関前周辺は幼稚園や保育施設が充実するほか、通学区の「武蔵野市立関前南小学校」や「武蔵野市立第五中学校」が近く、子育てしやすい環境が整う。

エリア周辺には都立中学御三家に数えられる「東京都立武蔵高等学校・附属中学校」をはじめ、「武蔵野大学」、「亜細亜大学」、「日本獣医生命科学大学」などの大学のキャンパスが多く、教育の選択肢に恵まれていることも魅力だ。

緑や文化が暮らしに息づく街

市民の声で守られる武蔵野の自然を感じられる「境山野緑地」
市民の声で守られる武蔵野の自然を感じられる「境山野緑地」

緑に恵まれていることも特徴だろう。千川上水や玉川上水沿いは遊歩道が整備され、四季の風景を楽しみながら散策やジョギングなどを楽しめる。エリア内にある「境浄水場」周辺は桜が多く、春には身近でお花見することも可能だ。

広々とした風景が心地よい「武蔵野中央公園」
広々とした風景が心地よい「武蔵野中央公園」

少し足を延ばせば、「武蔵野中央公園」や「小金井公園」、「井の頭恩賜公園」などの広大な敷地を誇る公園もあり、気軽にピクニック気分を味わうことができるだろう。

武蔵野プレイス
武蔵野プレイス

また、「武蔵境」駅周辺には、図書館や市民活動センターなどが入る「武蔵野プレイス」やコンサートなど多彩な公演が行われる多目的ホール「武蔵野スイングホール」など文化施設が集まり、読書や芸術鑑賞も気軽に楽しめる。

武蔵境は明治時代の小説家、国木田独歩ゆかりの地でもあり、小説「武蔵野」には武蔵境周辺の地名が登場する。エリア南側を流れる玉川上水を渡る桜橋には国木田独歩の文学碑があり、文学散歩も心豊かなひと時になりそうだ。

都心直結の交通アクセスや充実したショッピング施設に加え、緑豊かな環境や豊富な文化施設を併せ持つ武蔵野市関前。この街では他の街では得られない暮らしが実現できる。

あわせて読みたい。関連ページ