東京都内で最も古い「文教地区」として知られる、国立エリアの子育て・教育環境を見てきました!

1952(昭和27)年に、東京都内で初めて「文教地区」の指定を受けた国立市。現在も、幼稚園から高校、大学まで公立・私立問わず多数の教育機関が所在しており、この街の魅力を高めています。朝夕ともなると、通学途中の小・中学生や、カフェで勉強にはげむ大学生などたくさんの学生たちの姿があり、街に快活な雰囲気をもたらしています。 今回はそんなアカデミックなこの街の成り立ちや、現在の教育環境について、詳しく紹介していきます!

「一橋大学」
「一橋大学」

まずは国立の歴史について簡単にご紹介しましょう。 国立市の前身である「谷保」村の開発が始まったのは、大正時代末期。“理想の文教都市”という開発構想を基に、土地開発会社である「箱根土地株式会社」が、当時は雑木林だった北部エリアの開発を進めていきました。 1926(大正15)年には「国立」駅が開業し、複数の大学が移転して来たことなどを背景に街は発展。1951(昭和26)年に「谷保」村は「国立」町となりました。その後も徐々に人口は増え、1967(昭和42)年に現在の「国立市」が誕生しました。

街のシンボル的メインストリート

自然豊かな「大学通り」
自然豊かな「大学通り」

文教都市にふさわしい、文化的で落ち着いた街の空気を生み出しているのが、「国立」駅南口からまっすぐに延びる「大学通り」です。春には桜が咲き誇り、「新東京百景」にも選出されたこの美しい通り沿いを中心に、街の至るところに教育施設が点在しています。


周囲に豊かな緑を携え、街の中心部に建つ「一橋大学」は、「国立」駅の開業後の1927(昭和2)年に「東京商科大学」としてこの地に移転してきました。社会科学の研究総合大学としての長い歴史を持ち、少人数精鋭でリベラルな教育が特色の国立大学です。
また、「国立」駅と「矢川」駅の間に広がる住宅街には「東京女子体育大学」があります。1902(明治35)年に日本初の「女子体育教師養成学校」として創設され、創立100年以上の伝統のある私立大学です。「極・匠・伝・凛」のスローガンを掲げ、社会で活躍する指導者を育成するための教育を行っています。体操競技やソフトボールなどのさまざまな競技で、多くのオリンピック日本代表選手も送り出してきました。

街の一風景を作る「一橋大学」
街の一風景を作る「一橋大学」

「東京女子体育大学」正門
「東京女子体育大学」正門


緑に囲まれた自然あふれる環境

自然と学問との出会いがある私立「桐朋学園小学校」
自然と学問との出会いがある私立「桐朋学園小学校」

小・中学校や高校も、市立、国立、私立の複数の学校が所在しています。まず、大学通りを15分程歩いた先にあるのが私立「桐朋学園」です。1959(昭和34)年に開校した男女共学の「桐朋学園小学校」は、校舎のまわりに雑木林があり、休み時間になると児童たちが自然と触れ合いながら元気に遊ぶ姿が見られます。情操教育につながる緑豊かな環境が印象的な学校です。


また北館(旧校舎)と2016(平成28)年9月に新設されたばかりの本館(新校舎)からも賑やかな声が行き交い、児童たちがのびのびと学び成長することができる場が提供されています。同じ敷地内には、中高一貫教育を実践する男子校「桐朋中学校・高等学校」もあります。小学校からは、こちらの学校、または仙川にある「桐朋女子中学校・高等学校」にそのまま進学する児童も多いそうです。

子どもたちの遊び場♪

いろいろな遊具がある「中庭」
いろいろな遊具がある「中庭」

校舎内には歴代の卒業制作がずらり

校内に代々保存され続けている卒業制作
校内に代々保存され続けている卒業制作


その他、私立「国立(くにたち)音楽大学」の附属小学校、中・高等学校、通学指定の公立校の「国立市立国立第二小学校」と「国立市立国立第二中学校」、など複数の学校があり、それぞれの教育方針の下、独自の教育指導を展開しています。
「国立市立国立第二小学校」は、地域行事にも積極的に参加するなど、地域とのつながりを大切にする教育を実践。「国立音楽大学附属小学校」は、少人数制で児童一人ひとりの考えや心を尊重する指導を行い、中学・高等学校とともに音大の附属校らしい、音楽や造形を取り入れた教育にも力を入れています。

「国立市立国立第二小学校」
「国立市立国立第二小学校」

音楽教育が特長的

「国立音楽大学附属中学校・高等学校」
「国立音楽大学附属中学校・高等学校」


東京都立国立高等学校
東京都立国立高等学校

「東京都立国立高等学校」は都立高校としてトップクラスの進学実績を誇ります。都立高校初の甲子園出場を果たした野球部をはじめ、部活動や文化祭などの行事も盛んな文武両道校です。校舎の屋上には、太陽望遠鏡を設置した天文ドームなど珍しい施設もあります。


さらに、保育園や幼稚園も充実しています。リトミックや絵画などの科目を実施し、遊びをとおして心を育てる教育を行う「国立ふたば幼稚園」や、子どもたちの年齢の発達にあわせた独自の教育課程を実践する「国立学園附属かたばみ幼稚園」。さらに静かな住宅街の中にある「国立市立西保育園」、キリスト教に基づいた家庭的な保育を行う幼保一体の「小百合幼稚園」など、さまざまな園があります。

「国立ふたば幼稚園」
「国立ふたば幼稚園」

住宅街の中にある「国立市立西保育園」
住宅街の中にある「国立市立西保育園」


身近な公共施設も心強い存在です。「国立」駅近くにある「西児童館」では、ワークショップや季節のイベントなど児童が参加できる催しが豊富です。また、「矢川」駅に近い住宅街にある「国立市立子ども家庭支援センター」では、子育てに関する情報提供や、親子や乳幼児同士が交流できるスペースの開放を行っています。
さらに、近隣には「くにたち市民芸術小ホール」「くにたち市民総合体育館」など、文化やスポーツに親しめる施設があります。 勉学だけではなく、芸術や自然などいろいろな物と触れ合いながら、人間性を育くむことができる豊かな街だと言えそうです。

イベントがたくさん!

「西児童館」
「西児童館」

親子で遊べる「こそだて広場」も開放♪

「国立市子ども家庭支援センター事務局」
「国立市子ども家庭支援センター事務局」


発見ポイント!

大学通り
大学通り

  • (1)それぞれに特色のある教育機関が集まり、文化的地盤を築いている。
  • (2)保育園や幼稚園も充実しているので子育て世代にはうれしい環境。
  • (3)子育てサポート施設や、親子で利用できる公共施設も身近にある。