都内初の文教地区に指定され、豊かな自然と文化に恵まれた街「国立」

東京都のほぼ中央に位置し、東は府中市、西は立川市、北は国分寺市、南は日野市に接している国立エリアにはJR中央線「国立」駅、JR南武線「矢川」駅、「谷保」駅の3つの駅あり、各駅から都心へのアクセスもしやすい。また、国立市は東京都で初めて「文教地区」として指定された街でもあり、美しい景観に包まれた良好な住環境が広がっている。

雑木林の小さな村から学園都市として発展

1926(大正15)年に「国立」駅が開業した。国立という駅名は、「国分寺」駅と「立川」駅の中間にあることから名付けられた。この地はかつて、武蔵野の森が広がる一帯であったが、昭和初期から「箱根土地株式会社」によって「学園都市構想」に基づく都市開発が進められ、大学の移転をきっかけに発展を遂げる。

「一橋大学」
「一橋大学」

教育機関の招聘によって「一橋大学」や「国立音楽大学」(現在は立川市へ移転)といった教育機関が国立にキャンパスを開設。1940年代には疎開、戦後は住宅復興によって人口が増加した。また、そのころ国立の教育環境を守るため、市民や学生を中心に「文教地区指定運動」が起こり、1952(昭和27)年に東京都内で初めて「文教地区」の指定を受けた。

「国立」駅から放射状に延びる通りは、計画的に整備されたゆったりと落ち着いた雰囲気が特徴で、メインストリートである「大学通り」は春には桜、夏には新緑、秋にはイチョウと四季の季節の変化を感じることができる。1982(昭和57)年には、「新東京百景」にも選ばれた人気の散歩道である。現在も教育環境や住環境の良さから、国立の住宅地としての人気は続いている。 

文教地区ならではの充実した教育施設

「東京都立国立高等学校」
「東京都立国立高等学校」

学園都市として発展を遂げた国立市には、「国立音楽大学」の附属幼稚園、小学校、中学・高等学校、「桐朋学園小学校」、「桐朋中学校・高等学校」、「東京都立国立高等学校」、「一橋大学」など初等教育から高等教育まで、名の知られた教育機関が市内にある。保育園や幼稚園の施設も揃っており、アカデミックな薫りのなか、安心して子育てができる環境といえる。

また、「NHK学園 国立本校オープンスクール」などカルチャースクールも多く、学園都市ならではの教育や文化に対する意識の高さが伺える。「くにたち中央図書館」や「くにたち市民総合体育館」などの公共施設が徒歩圏内にあり、「くにたち市民芸術小ホール」では、本格的なコンサートから子ども向けコンサート、寄席まで楽しめる。

四季を感じられる自然豊かな街並み

大学通り
大学通り

1933(昭和8)年、皇太子生誕を記念し、国立町会が桜の植樹を決定。谷保村青年団国立支部の若者たちが苗木の世話に協力し、「国立」駅の南の大学通りに見事な桜並木が誕生した。春には多くの花見客が訪れ、毎年4月上旬には「谷保第三公園」で「くにたちさくらフェスティバル」が催される。

「国営昭和記念公園」
「国営昭和記念公園」

「国立」駅のとなり「立川」駅には「国営昭和記念公園」があり、年間を通じてさまざまなイベントが開催されるほか、165.3ヘクタールもの広大な敷地内では、BBQやフットサル、ドッグランなどの施設が充実し、夏にはプールや花火大会も楽しめる。 

都心へのアクセスに優れた街

JR中央線「国立」駅は「新宿」駅までの乗車時間は約23分、「東京」駅までは約37分と都心主要駅へのアクセスの良さも特徴である。中央線の高架化工事が完成し、駅構内や周辺施設の開発も進み、利便性はますます向上している。

「矢川」駅
「矢川」駅

国立市の南にあるJR南武線「矢川」駅は「立川」駅まで2駅。「立川」駅からはJR中央線通勤特別快速が利用できるため都心へのアクセスがしやすい。また、JR南武線は川崎方面への通勤・通学も便利である。

活気ある商店街ではこだわりの一品がきっと見つかる

「国立」駅周辺には、こだわりの雑貨を売るお店や高級スーパーマーケットもあり暮らしに彩りを与えてくれる。文教地区のため、大きな商業施設などができない反面、個性的な雑貨を売るお店や料理を提供するお店が多く、商店街は活気にあふれている。

「nonowa国立」
「nonowa国立」

2015(平成27)年春には「nonowa 国立」が「国立」駅に隣接する高架下に開業、2016(平成28)年4月には新たにグルメ施設が中心となる「nonowa 国立WEST」が誕生し、駅前でのショッピングはさらにしやすい環境になった。

「ピーコックストア 国立さくら通り店」
「ピーコックストア 国立さくら通り店」

JR南武線「矢川」駅周辺にも、「ピーコックストア 国立さくら通り店」や「ina21 国立矢川駅前店」があり、日用品を揃えるのに困ることはない。また、「国立」駅から1駅の「立川」駅前は、多摩地区有数のショッピングゾーンとなっており、「ルミネ立川」や「グランデュオ立川」などの大型商業施設が集まっている。2014(平成26)年に「IKEA立川」が、2015(平成27)年秋には「ららぽーと立川立飛」がオープンし、さらに充実したショッピングを楽しむことができるようになった。

お気に入りがきっと見つかる美食の街

「レ・アントルメ国立」
「レ・アントルメ国立」

「国立」駅周辺は知る人ぞ知る美食の街。南口側はもちろん、北口側にも気軽に立ち寄れるカフェ、パン・紅茶などの専門店、特別な日に出かけたい高級店など、さまざまな形態の飲食店がそろっている。最近では、駅前を中心に個性的でおしゃれなカフェも誕生しており、学生だけでなく、多くの人でにぎわっている。また市の南部で栽培されている旬の新鮮野菜も市内各所で購入することができる。

あわせて読みたい。関連ページ