下屋敷の面影を遺す都心の特別名勝

六義園

六義園
六義園

小石川後楽園と並んで「江戸の二大庭園」と称される、東京都の特別名勝「六義園」。江戸・元禄時代に大老を務めた大名・柳沢吉保(やなぎさわよしやす)が、下屋敷(別邸)として7年もの歳月をかけ、造営した。「回遊式築山泉水庭園」と呼ばれる様式の大名庭園は、吉保の文学的教養が随所にうかがえるもので、園名の「六義」は、漢詩集「毛詩」の「詩の六義」などに由来する。四季折々の花が咲き誇る広大な庭園は、戦災を奇跡的に免れて造園当時の姿を残したまま、のちの所有者である三菱財閥から東京都に寄贈された。歴史と季節と古典の教養が織り込まれた庭園には、一年を通して国内外から多くの人が訪れている。

六義園
所在地:東京都文京区本駒込6 
電話番号:03-3941-2222(六義園サービスセンター)
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:年末年始(12月29日~1月1日)
入園料:一般300円、65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/i..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ