「Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ)」 オーナー 飯田さん

地域に根ざし必要とされるカフェを目指す「Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ)」

「Holo Holo Cafe」は、2015(平成27)年3月にオープンしたハワイアンテイストのカフェ。今回はオリジナル雑貨の販売やウクレレのワークショップの開催など、ユニークなカフェを経営しているオーナーの飯田さんにお話を伺いました。

“ハワイ時間”の流れる店内

「Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ)」
「Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ)」

――どのような経緯から「ホロホロカフェ(Holo Holo Cafe)」をオープンされたのですか?

飯田さん:私は高校生時代に喫茶店でアルバイトをしていたのですが、その頃から“いつかは自分の店を出せたらいいな”という夢をもっていました。特にコーヒーが好きで、アフリカの方までコーヒーを飲みに行ったこともあります(笑)。それとはまた全く別に、趣味でウクレレも弾いていたのですが、たまたま親戚の結婚式でハワイに行った時にあの雰囲気にすっかり虜になってしまいました。コーヒー、ウクレレ、それとカフェではパンケーキを出したいとも思っていたので、その全てがハワイアンカフェならつながる、そう気づいたのです。
夢を実現させたのは2015(平成27)年3月のことですから、時間は随分とかかってしまいましたね(笑)。いずれはカフェでイベントを開催したいと思っていたので、1階と2階でスペースを分けることができるこの物件を選びました。コンセプトは、“ハワイの街外れにあるようなカフェ”です。のんびりとした雰囲気のなかで、誰もがゆっくりとくつろげる場所であれたらと思っています。

落ち着けるゆったりとした店内
落ち着けるゆったりとした店内

――「Holo Holo Cafe」の人気メニューを教えてください。

飯田さん:一番人気はパンケーキですね。特にココナツミルクのソースを使ったものが良く出ます。当店は“ハワイ”をテーマにした都心部のカフェに比べるとメニュー構成はシンプルかもしれませんが、それも含め、ハワイの街外れにあるカフェのような雰囲気を感じていただけると幸いです。

ココナッツソースのかかった「ハウピアソースパンケーキ」
ココナッツソースのかかった「ハウピアソースパンケーキ」

――サービス面に関して、特に心がけていることはありますか?

飯田さん:基本的なことではありますが、お客様に“また来たい”と思ってもらえるサービスを提供することですね。飲物や料理だけでなく、店内で過ごす時間を含め、全ての要素で満足していただきたいというのが私たちの願いです。

ハワイの伝統的なデザート「ハウピア」
ハワイの伝統的なデザート「ハウピア」

店づくりにかける想い

「Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ)」 オーナー 飯田さん
「Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ)」 オーナー 飯田さん

――カフェの内装は、ご自身で手がけられたと伺っています。

飯田さん:そうですね、店内のイスやテーブルも自分たちで手を加えています。もちろん最初はプロに依頼するという選択肢もありましたが、イメージや意図することを正確に伝えることがなかなか難しく、それなら自分たちでやってみよう、ということでやってみました。実際にやってみると大変ではありましたが、“ものづくり”が好きなので、なかなか楽しい作業でしたよ。

オーナー自ら手掛けたこだわりの内装
オーナー自ら手掛けたこだわりの内装

――店内では雑貨も取り扱っているのですね。

飯田さん:はい、ほぼ全てが手づくりの品物です。オリジナル商品をはじめ作家さん達にもお手伝い頂いております。最近は「Holo Holo cafe」オリジナル商品をきっかけに、店舗ロゴの作成依頼をいただくなんていうこともありました。カフェでありながら、それ以上の空間になっていることは私たちとしても嬉しい限りです。品揃えを含め、より一層の充実を図っていきたいと考えています。

店内ではオリジナル雑貨も販売
店内ではオリジナル雑貨も販売

――ウクレレのワークショップを開催されているそうですね。

飯田さん:ゆったりとした2階ソファ席にて、不定期にウクレレワークショップを開催しています。ウクレレを持っているけれども弾き方が分からないという、どちらかというと初心者の方を対象にしたワークショップです。どこにでも持っていける大きさですし、誰でも気軽に始められる楽器なので、ぜひ日常にウクレレを置いてもらえたらなという気持ちで行っています。

2階ではウクレレのワークショップを開催
2階ではウクレレのワークショップを開催

――「Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ)」としての今後について伺えますか?

今後はコーヒー豆の販売にも力を入れていきたいですね。ハワイコナを配合したオリジナルブレンドの魅力を伝えていきたいと思っています。ただ、大きな反響を求めているわけではありません。目指しているのは地域に根ざし、地域に必要とされるカフェ。ふとしたときに、誰もが行きたくなるようなカフェを理想に、これからも営業していきたいですね。

ハワイの定番ローカルスイーツ「ハワイアンバターもち」
ハワイの定番ローカルスイーツ「ハワイアンバターもち」

――最後に、国領エリアの魅力を聞かせてください。

飯田さん:一口に言うと、“住みやすい街”ですね。「イトーヨーカドー 国領店」や「国領」駅前の「マルエツ 国領店」、「西友 国領店」といったスーパーマーケットなどの生活施設だけでなく、周辺には「東京慈恵会医科大学附属第三病院」をはじめとした病院も点在しています。通院の行き帰りにお店に立ち寄ってくださるお客さんもいらっしゃいますよ。アクセスについても鉄道だけでなくバス便も充実しているので、“この街が好き”とおっしゃる方の気持ちが分かるような気がします。

オーナーの飯田さんとスタッフのHamajiさん
オーナーの飯田さんとスタッフのHamajiさん

地域に必要とされるカフェを目指して
地域に必要とされるカフェを目指して

ホロホロカフェ(Holo Holo Cafe)

オーナー 飯田さん
所在地:東京都調布市国領町4-51-25
TEL:090-9802-0324
URL:http://holoholocafe.com/
※この情報は2016(平成28)年7月時点のものです。