国指定名勝の回遊式林泉庭園

東京都立殿ヶ谷戸庭園

東京都立殿ヶ谷戸庭園
東京都立殿ヶ谷戸庭園

JR中央本線および西武国分寺線・多摩湖線「国分寺」駅から、わずか徒歩2分の場所にある「殿ヶ谷戸庭園」。南満州鉄道副総裁の江口定條が別荘として大正時代に整備し、昭和初期には三菱財閥の岩崎家が別邸にしていたところだ。手入れの行き届いた庭園は、国分寺崖線の地形を活かした「回遊式林泉庭園」といわれる造り。芝生や湧水池、樹木と変化に富んだ雰囲気を各所で味わえるのが特徴だ。武蔵野の植生さながら、多彩な植物を見ることができ、季節ごとにモッコク、フジ、モモなどの花が咲き、秋の紅葉と池の眺めも絶景。庭園内には、「紅葉亭」と名付けられた茶室もあり、有料だが事前に申し込めば茶会や句会などに利用することができる。2011(平成23)年9月には国指定の文化財に選定されている。

東京都立殿ヶ谷戸庭園
東京都立殿ヶ谷戸庭園

東京都立殿ヶ谷戸庭園
所在地:東京都国分寺市南町2 
電話番号:042-324-7991
開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
休園日:年末年始(12月29日~1月1日)
※イベント開催やGWなどは開園時間や休園日が変更になる場合あり
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/..

詳細地図