レポート

「糀谷」駅周辺の商店街を散策してきました!

京急空港線「糀谷」駅周辺には、駅の高架と交差するように南に「糀谷商店街」と北に「おいで通り糀谷商店会」が伸びています。南北合計約900メートルに及ぶ商店街には、100軒を超える店舗が軒を連ね、昔ながらの商店と新しいお店が混在。いつも多くの買い物客で賑わっています。実際に現地を散策して、商店街の雰囲気やどんなお店があるのかを見てきました!

糀谷商店街
糀谷商店街

買い物客で賑わう「糀谷商店街」
買い物客で賑わう「糀谷商店街」

今回は南から北上していきます。まずは「糀谷商店街」を散策してみましょう。戦前から続く歴史ある商店街で、今なおシャッター街とは無縁の、活気に溢れています。月1で行われる「エキサイティング糀谷市」をはじめ、8月には「糀谷阿波おどり」、10月には「ハロウィン仮装パレード」など、1年を通して多彩なイベントが催されています。


商店街の南側アーチをくぐると、左手には「魚悦 糀谷店」があります。新鮮な海産物が並び、どれも安価です。お寿司が安いのも魅力で、多くの買い物客で賑わうのも納得の品揃えです。少し歩き進めて左手にあるのが「肉の太田屋」。定番の肉はもちろん、ホルモン類、高級牛肉も販売しています。揚げたてで種類も豊富なコロッケやメンチカツなどの総菜が人気で、訪れた時も絶えずお客さんで賑わっていました。

魚悦 糀谷店
魚悦 糀谷店

種類も豊富な総菜が人気

肉の太田屋
肉の太田屋


続いて紹介するのは、おでん種や練物を扱う「愛川屋蒲鉾店」。60年近く続く老舗で、人気のいわし玉をはじめ、おつまみにピッタリなさつま揚げなどが店頭に並んでいて、どれもとってもおいしそう♪売り出しセール時には、お得な盛り合わせも販売しています。
昔ながらの商店と共におしゃれなお店も点在しています。「bupure(ブプレ)」は、センスある洋服や雑貨が並ぶセレクトショップ。店内には所狭しと色々なアイテムが並んでいて、見ているだけでも楽しい気分になります。「vivo」は、カットはもちろん、美しい髪へのこだわりをもった女性のために、最高のヘアケアをしてくれるヘアサロン。ベビーカットも行なっているので、親子で訪れるのもいいかもしれません。

いわし玉が人気

おでん種や練り物の「愛川屋蒲鉾店」
おでん種や練り物の「愛川屋蒲鉾店」

洋服・雑貨を扱う「bupure」
洋服・雑貨を扱う「bupure」


商店街を歩き進めると、交差する環八通りが見えてきました。右角には昔ながらのおもちゃ屋さん「青い鳥」があり、1階におもちゃ類、2階にキャラクター文具や雑貨が並んでいます。子どもだけでなく大人もついつい懐かしく長居してしまいそうになります。
左に曲がった環八通り沿いには蕎麦処「恵比寿庵」があり、1927(昭和2)年の創業当時と同じ製法で生そばとうどんを作っているのだそう。自慢のつゆも変わらぬ製法でかえしを継ぎ足して使ったもので、南房総から取り寄せた鰹節と合わせた自慢の味です。環八通りを渡ると、京急空港線「糀谷」駅の高架が見えてきました。その手前の右角には可愛らしいクレープ店「クールクレープ」があり、モチモチした生地にカリカリの食感が人気です。
「糀谷商店街」はここまで。古くからの商店はもちろん、新しいお店も混じっていて、とても賑やかで活気ある商店街でした。

昔ながらのおもちゃ屋さん「青い鳥」
昔ながらのおもちゃ屋さん「青い鳥」

モチモチで
カリカリな食感

クールクレープ
クールクレープ


「おいで祭り」は
毎年大賑わい

おいで通り糀谷商店会
おいで通り糀谷商店会

続いて、駅の高架をくぐると北に向かってのびているのが「おいで通り糀谷商店会」です。1952(昭和27)年に「西糀谷商店会」として15店舗からスタートし、2015(平成27)年に現在の名称に変更されました。2・6・11月には「おいで大市」、10月には「おいで祭り」が催され、毎年多くの人で賑わいます。


まず訪れてみた「三吉野・かえるや」は、高架をくぐって右に曲がったところにあるお店です。「三吉野」は飴菓子を扱っていて、国産あずきを使用し一から製造しています。となりの「かえる屋」には、昔懐かしい駄菓子がズラリと並んでいて、子どもたちに人気のよう。
通りに戻ると右手にあるのが「喫茶チェリー」。古くからある喫茶店で、店内に入ってみると昭和にタイムスリップしたような趣があります。コーヒーでほっと一息つくのもいいですし、ホットケーキやサンドイッチなどの軽食も扱っているのでランチも楽しめます。昼時だったのでナポリタンを頼んでみると、昔懐かしいやさしい味・・・スープとサラダもついて800円なのでお得です。

三吉野・かえる屋
三吉野・かえる屋

「喫茶チェリー」のレトロな店内
「喫茶チェリー」のレトロな店内


通りを歩き進めると左手に「BUN-BUN」というお店が見えてきました。店舗は左右に別れていて、左ではレディースファッション、右では子ども服やベビーグッズを扱っています。お店の方に話を伺うと、約60年前に古着屋として創業したのが始まりだそう。子ども服とベビーグッズの店舗内にはかわいいアイテムが並んでいて、親子2代にわたってこちらの商品を買いに来るお客さんもいるんだとか。子育て家族は是非、足を運んでみてほしいお店です。
次に訪れた「こうじや商店」は、レトロモダンがコンセプトのファッション雑貨店。着物のリメイクも行なっていて、オーダーすれば鞄や小物にしてくれるそうです。こういった特色あるファッションショップがあるのも、商店街ならではの魅力ですよね。

可愛い子ども服
がいっぱい

「BUN-BUN」の店内
「BUN-BUN」の店内

「こうじや商店」の店内
「こうじや商店」の店内


商店街には個性が光るお店もたくさん。「自然食品の店 一五一会」はその名の通り、無農薬、無科学肥料、無添加の自然食材を扱うお店です。地元の朝採り野菜と共に、国内有機畜産系の肉や魚も並び、無農薬ジャムは区の逸品に認定されたそうです。「リバティコーヒー」は、30種類以上の自家焙煎珈琲豆を扱うお店。朝にコーヒーはかかせないという方に、是非おすすめしたいお店です。

自然食品の店 一五一会
自然食品の店 一五一会

30種類以上の
珈琲豆があります

珈琲豆専門店「リバティコーヒー」
珈琲豆専門店「リバティコーヒー」


千葉米店
千葉米店

「粋場蕎麦ひさ奈」や「日本料理和郷」などの飲食店も豊富に揃っています。「きっちんえんぜる」はアットホームな食堂といった趣で、定食の種類が豊富。おすすめのハンバーグ定食やえんぜる麺が味わえます。「千葉米店」では、お弁当やおにぎりも販売していて、自家精米と田圧の海苔を使用しています。メディアでも取り上げられたことがあるお店で、多くのお客さんが訪れていました。


「糀谷」駅周辺にある2つの商店街には、とても魅力的なお店がたくさんあることがわかりました。どのお店の方も気さくに話してくださり、下町ならではの温かさに溢れていました!因みに駅周辺にはスーパーマーケットもたくさんありました。駅前にある「マルエツ 糀谷駅前店」をはじめ、「おいで通り糀谷商店街」には、24時30分まで営業の「Fresco Venga Venga 糀谷店」、24時まで営業の「まいばすけっと西糀谷四丁目店」、22時まで営業の「マルエツ 西糀谷店」といった夜遅くまで開いているお店があるので、帰宅が遅くなった日も安心です。また、2017(平成29)年12月には駅高架下に「京急ストア 糀谷店」がオープン。商店街と共に利用すれば、ますます買い物の幅が広がるでしょう。

マルエツ 糀谷駅前店
マルエツ 糀谷駅前店

Fresco Venga Venga 糀谷店
Fresco Venga Venga 糀谷店


発見ポイント!

買い物客で賑わう「糀谷商店街」
買い物客で賑わう「糀谷商店街」

  • (1)どちらの商店街も活気に溢れていて、気さくなお店が多いので楽しく買い物ができる!
  • (2)下町ならではの、安さが売りのお店が多くある!
  • (3)スーパーマーケットも多いので、買い物の幅が広がる!