明治7年創業の老舗洋菓子店

村上開新堂

明治維新直後の日本は、西洋文化の習得を国策に取り入れた。「村上開新堂」は、国策の一環として洋菓子製造技術習得を命じられた村上光保が開いた洋菓子店が始まり。以後100年以上、日本の洋菓子の草分けとして、鹿鳴館など上流階級の顧客に初代が本場フランスで学んだ手法を活かして手作りし、卸していた。現在の店主は五代目。洋菓子と、フランス料理レストランで、創業以来変わらぬ「日本人の舌に合う味づくり」の基本を忠実に守り続けている。

お菓子の購入とレストラン利用は紹介制だが、ランチのみ紹介がなくても事前に予約を入れれば行くことができる。

村上開新堂
所在地:東京都千代田区一番町27
電話番号:03-3261-0367
http://www.kaishindo.co.jp/

詳細地図

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。
×

Comments are closed.