皇族の邸宅と「迎賓館」のある御用地

赤坂御用地(迎賓館・東宮御所)

「赤坂御用地」は、江戸時代に紀州藩徳川家の中屋敷があったところで、明治期に入って皇室へ献上された地。1872(明治5)年に「赤坂離宮」と命名され、翌年の皇居炎上から1889(明治22)年まで、仮の皇居として利用されていた。現在、「赤坂御用地」内には東宮一家が住む「東宮御所」をはじめ、いくつかの皇族の邸宅がある。「東宮御所」は現在の天皇が皇太子の時代の住居として建設されたもので、1960(昭和35)年に完成した。建築家・谷口吉郎が設計したもので、鉄筋コンクリートの地上2階、地下1階建という構造になっている。「赤坂御用地」内の建物で同じく有名なものといえば、「迎賓館」。1909(明治42)年、当時皇太子だった大正天皇が住まう「新東宮御所」として落成したものだ。日本初の洋風宮殿として耳目を集めた建物は、当時の著名な洋画家、浅井忠・黒田清輝・岡田三郎助などが内装を手がけた。迎賓館として現在のように外国の要人を迎えるようになったのは、1974(昭和49)年から。歴史を感じさせる重厚かつ絢爛豪華な雰囲気は、VIPを接遇するのにこの上なくふさわしいものとなっている。赤坂御用地は、一般人の立ち入りは不可。外から眺めるだけの特別地区として、界隈とは一線を画す特異な存在感を放っている。

赤坂御用地(迎賓館・東宮御所)
所在地:東京都港区元赤坂2
http://www.kunaicho.go.jp/about/shisetsu..

詳細地図

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。
×

Comments are closed.