JR中央線で都心直結、豊かな緑に恵まれた武蔵野エリアの小金井市東町に住まう

小金井市東町はJR中央線「東小金井」駅の南側に位置する。西武多摩川線「新小金井」駅も近く、徒歩圏内で2駅2路線が利用できる。「武蔵野公園」や「野川公園」といった緑豊かな公園も近く、人気の中央線沿線の中でも利便性と緑豊かな環境が両立する希少なエリアだ。

「東小金井」駅開業で別荘地からベッドタウンに進化

1917(大正6)年、多摩川の砂利を運搬するために設立された多摩鉄道(現・西武多摩川線)が開通し、「新小金井」駅も開業した。1926(大正15)年にはエリア西側に「武蔵小金井」駅も開業している。

かつての別荘地の面影を残す「大森邸」
かつての別荘地の面影を残す「大森邸」

鉄道開通や駅の開業で交通アクセスの利便性が向上したことから、「武蔵小金井」駅南側を中心に別荘地の開発が行われた。現在も東町内の「大森邸」や「国際基督教大学(ICU)」内にある「泰山荘」など当時の建物に面影を感じることができる。

砂利を中心とした貨物輸送が主体であった今の西武多摩川線だったが、沿線で住宅地の開発が進められ、これらの住宅に住む人々や「多磨霊園」や「多摩川競艇場」へ向かう人々の利用が増え、旅客輸送が中心の鉄道になる。1964(昭和39)年には地元住民の請願により「東小金井」駅が開業、次第に現在のような街並みが築かれていった。

徒歩圏内で複数のスーパーマーケットを利用可能

「ピーコックストア 東小金井店」などスーパーマーケットが充実
「ピーコックストア 東小金井店」などスーパーマーケットが充実

東町は買い物の利便性も高い。「東小金井」駅周辺には「ピーコックストア 東小金井店」や「マルエツ 東小金井駅北口駅店」といったスーパーマーケットが集まるほか、商店街も広がり、日常の買い物を身近で済ませることができる。

「東小金井」駅直結の「nonowa東小金井」
「東小金井」駅直結の「nonowa東小金井」

2014(平成26)年には「東小金井」駅前の高架下に「nonowa東小金井」が誕生し、さらに買い物の利便性が向上した。また、「東小金井」駅の東西の高架下にはカフェや保育施設、コミュニティスペースなどが並ぶ歩行空間「ののみち」が誕生し、地域の交流の場としても親しまれている。

文教エリアとしての機能も果たす

「国際基督教大学(ICU)」など大学のキャンパスが多い
「国際基督教大学(ICU)」など大学のキャンパスが多い

東町周辺には「国際基督教大学(ICU)」や「東京農工大学 小金井キャンパス」、「亜細亜大学 武蔵野キャンパス」、「東京外国語大学 府中キャンパス」など大学のキャンパスが広がり、アカデミックな雰囲気も併せ持つ。

アメリカンインターナショナルスクール
アメリカンインターナショナルスクール

日本初のインターナショナルスクール「アメリカンスクールインジャパン」などユニークな教育施設があることも特徴だ。東町からはこれらの豊富な教育施設に通学しやすいことも魅力になる。

野川沿いの緑が彩る街

バーベキューも楽しめる「野川公園」
バーベキューも楽しめる「野川公園」

東町周辺は緑に親しめるスポットも多い。エリアの南側を流れる野川沿いには散策路が整備され、川面を眺めながらの散策が楽しめる。野川の南に広がる「野川公園」にはキャンプ場やバーベキュー広場があり、緑の中でバーベキューを満喫できる。

豊かな緑を満喫できる「武蔵野公園」
豊かな緑を満喫できる「武蔵野公園」

「野川公園」から西に向かい、西武多摩川線の線路をくぐれば「武蔵野公園」もある。ここにもバーベキュー場があるほか、開放的な広場や水遊びが楽しめるじゃぶじゃぶ池といった施設が揃う。公園内には約1000本の桜があり、花見の名所としても知られている。

小金井市東町では、閑静な住環境の中で快適な暮らしを満喫できる街だ。

あわせて読みたい。関連ページ