文豪、徳冨蘆花の住まいと庭園

蘆花恒春園

「蘆花恒春園」は、環八通り沿いにある公園。『不如帰(ほととぎす)』『自然と人生』『みみずのたはこと』などの名作を残し、明治から大正にかけて活躍した文豪 徳冨蘆花の死後、愛子夫人によって当時の家屋、耕地など旧邸地が東京市に寄贈されたものを保存・整備し、公園として公開された。園内に保存されている徳冨蘆花の旧宅と庭を見れば、当時にタイムスリップした気分になる。また、ノーリードで犬を自由に運動させたり遊ばせたりすることのできる施設「ドッグラン」もあり、さまざまな人たちの交流の場となっている。

蘆花恒春園
所在地:東京都世田谷区粕谷1 
電話番号:03-3302-5016
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/..

詳細地図

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。
×

Comments are closed.