都心に快適アクセス可能で情緒が残る住宅地が広がる江東区亀戸

東京23区の南東に位置する江東区は都心からのアクセスがよいことから、古くから住宅地として人気を集めている。江東区亀戸は江東区の北東にあり、隣接する錦糸町とともに東京都の副都心に指定され、都市インフラの整備が続けられてきた。一方で、昔ながらの街並みが残る住宅地もあり、ベッドタウンとしても注目されている。

「亀戸天神社」の門前町として発展

今も多くの参拝客が訪れる「亀戸天神社」
今も多くの参拝客が訪れる「亀戸天神社」

亀戸の北東に建つ「亀戸天神社」は江戸時代創建という歴史を持ち、亀戸は「亀戸天神社」の門前町として栄えた。現在も「亀戸天神社」周辺にはくず餅の老舗として知られる「船橋屋 亀戸天神前本店」など老舗の店が営業を続けているほか、「亀戸水神社」や「亀戸香取神社」など神社が点在し、歴史を感じられるスポットも多い。

高度経済成長時代になると亀戸周辺には多くの工場が進出し、工業の街として発展を遂げた。産業構造の変化に伴いこれらの工場は湾岸部や郊外へ移転し、跡地では大規模なショッピング施設や公園が誕生。現在は暮らしやすい住宅地に進化している。

「亀戸」駅からJR総武線で都心にスムーズにアクセス

JR総武線と東武亀戸線の「亀戸」駅
JR総武線と東武亀戸線の「亀戸」駅

亀戸は交通アクセスの利便性も高い。最寄りとなる「亀戸」駅からはJR総武線と東武亀戸線が利用できる。

JR総武線に乗れば「秋葉原」駅や「新宿」駅などにダイレクトアクセスできるほか、「錦糸町」駅では「東京」駅や「品川」駅に向かうJR総武線快速、「大手町」駅や「渋谷」駅方面に向かう東京メトロ半蔵門線に乗り換えでき、都心のターミナル駅へもスムーズにアクセス可能だ。

国道14号や明治通りなど幹線道路が多い亀戸は自動車も使いやすい。首都高速道路7号小松川線「錦糸町」出入口も近く、高速道路にも短時間でアクセスできる。

エリア内にショッピング施設が充実

「亀戸」駅直結で便利な「アトレ亀戸」
「亀戸」駅直結で便利な「アトレ亀戸」

亀戸は買い物環境にも恵まれている。「亀戸」駅周辺には「アトレ亀戸」や「ドン・キホーテ 亀戸駅前店」など大規模ショッピング施設が集まるほか、「亀戸天神通り商店街」や「亀戸五丁目中央通り商店街」、「亀戸十三間通り商店街」など下町情緒漂う商店街も広がる。

現在、2016(平成28)年に惜しまれつつ閉店した「サンストリート亀戸」の跡地では再開発が行われており、新たなショッピング施設も誕生することになっている。

「錦糸町」駅周辺の「olinas(オリナス)」なども使いやすい
「錦糸町」駅周辺の「olinas(オリナス)」なども使いやすい

亀戸からは「錦糸町」駅も徒歩圏内となる。「錦糸町」駅周辺には「丸井 錦糸町店」や「オリナス」、「アルカキット錦糸町」、「テルミナ」などファッションのショップが集まる大規模ショッピング施設が集まる。2019年春には「(仮称)錦糸町パルコ」もオープンする予定で、買い物の楽しみはさらに増えそうだ。

多彩なご当地グルメが味わえる街

亀戸周辺には「亀戸餃子」や「亀戸ホルモン」、「亀戸大根」などご当地グルメが多いことも特徴だ。とくに「亀戸大根」は江戸時代からこの地で栽培されてきた伝統の野菜で、割烹「亀戸升本 本店」では「亀戸大根」を使った料理を味わえる。

亀戸ホルモン
亀戸ホルモン

また、エリア周辺にはイタリアンやフレンチなどを地域の人々に親しまれているグルメの店が多く、食の楽しみも豊富だ。

緑豊かな公園も身近

花見の名所としても知られている「猿江恩賜公園」
花見の名所としても知られている「猿江恩賜公園」

亀戸周辺には「猿江恩賜公園」をはじめ「亀戸中央公園」や「大島小松川公園」、「錦糸公園」などの大きな公園が多く、緑を楽しめるスポットも多い。

かつての水路を活かした「堅川河川敷公園」や都電の線路跡を公園にした「亀戸緑道公園」などでは散策も楽しめる。

暮らしの利便性に恵まれ、情緒漂う街並みが残る江東区亀戸。ここでは穏やかな日々を満喫できそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ