イタリアの2つ星レストランで修業を積んだシェフが腕を振るうレストラン

リストランテ ツヅキ

東急東横線「都立大学」駅から緑に囲まれた「呑川駒沢支流緑道」をゆっくり歩いて15分ほど、東急バス「八雲」停留所からは徒歩1分ほどの場所にある「リストランテツヅキ」。オーナーシェフの續(つづき)氏は都内のレストランでキャリアをスタートさせ、その後イタリアのトスカーナ州にあるミシュラン2つ星レストラン「Ristorante Arnolfo」や「Ristorante Perbellini」で修業。2012(平成24)年に、静かで落ち着いた街の雰囲気が気に入り、この地にを「リストランテツヅキ」オープンした。

「リストランテツヅキ」の店内の様子
「リストランテツヅキ」の店内の様子

日本の食材をヨーロッパの技術で美味しく料理することをモットーに、いい食材を見つければ生産者のもとへ出向き、自らが仕入れの交渉をすることもある。例えば静岡県で飼育されている満州豚は赤身に特徴がある肉で、その脂の甘味を生かした料理を心がけている。一時期は「幻の豚」といわれていた満州豚は日本の農家が復活を成功させたもの、高級かつ希少なために流通量が多くないので、もしコース料理に組み込まれていた際にはぜひ味わってみてほしい。

「幻の豚」ともいわれる満州豚
「幻の豚」ともいわれる満州豚

人気メニューの一つが「リストランテ・ボロネーゼ」。黒毛和牛を贅沢に使い、肉の旨味を最大限まで引き出すオリジナルレシピだ。コース料理の1つに組み込まれている料理だが、子ども向けにアラカルトでも提供しているそう。お父さんとお母さんはコース料理を、子どもパスタを、というオーダーが可能なわけだ。

黒毛和牛を贅沢に使った人気メニューの「リストランテ・ボロネーゼ」
黒毛和牛を贅沢に使った人気メニューの「リストランテ・ボロネーゼ」

ワインは銘柄にとらわれず料理に合うワインを厳選して提供しているとのことで、イタリア産やフランス産を中心に常時50種ほどが用意されている。記念日を大切な人と過ごすのはもちろん、シェフは子ども連れでも来店も歓迎してくれるので、家族団らんの一時を過ごすのもいいだろう。

落ち着いた雰囲気の店内
落ち着いた雰囲気の店内

リストランテ ツヅキ
所在地:東京都目黒区八雲5-14-19 フレミッシュ駒沢2F
電話番号:03-6459-5665
営業時間:ランチ11:30〜15:30(L.0.14:00) ディナー18:00〜23:30(L.0.21:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)・第3火曜日
http://www.ristorantetsuzuki.com/

詳細地図