日蓮宗の大本山

池上本門寺

仁王門
仁王門

正式名称を「長栄山大国院本門寺」とする「池上本門寺」は、日蓮宗の開祖・日蓮聖人が入滅した霊跡として知られている。1282(弘安5)年9月8日、身延山を降り、病気療養のため常陸の湯へと向かう途中、武蔵国池上(現・東京都大田区池上)郷主・池上宗仲公の館で同年10月13日に入滅する。

此経難持坂
此経難持坂

その後、法華経の字数(69384)に合わせて約7万坪の寺域が寄進され、高弟の日郎聖人によって「池上本門寺」の礎が築かれることとなった。東国における日蓮宗の中核寺院として発展し、江戸時代には将軍や大名諸侯をはじめ、広く江戸市民の信仰を集めた。

 

大堂
大堂

1945(昭和20)年のアメリカ軍による空襲で多くの堂宇が失われるも、その後、諸堂を再建。境内には総門、仁王門、鐘楼、大堂、本殿、経蔵、五重塔、宝塔などが立ち並ぶ。総門を潜ると加藤清正の寄進と伝えられる96段の石段坂があるが、この96という数字は、法華経法塔品のサンスクリット語96字に由来する。境内のいたるところで語るべき歴史がある。

池上本門寺
所在地:東京都大田区池上1-1-1 
電話番号:03-3752-2331(代表)
http://honmonji.jp/

詳細地図