駅前に広がる美しい西洋庭園

礫川公園

礫川公園
礫川公園

東京メトロ丸ノ内線「後楽園」駅のすぐ北側にあり、駅と直結する「礫川(れきせん)公園」。アクセスの良さもあり、多くの人が訪れている。「礫(れき)」とは小石のこと。もともと、小石川という地名は、この辺りを流れる川に小石が多いことから名付けられたもので、「礫川」という名もこの「小石川」に由来している。

礫川公園
礫川公園

この辺りは高低差があるため、公園はその地形を生かして3段の高さに分かれている。駅を出ると広がるのは下段。噴水から水があふれる池と、花壇に咲く花々が目を引く。

礫川公園
礫川公園

下段には、小さな子どもたちが楽しめるカラフルな遊具も設置されている。スプリング遊具やブランコ、滑り台、砂場などで遊ぶ子どもたちの姿が、公園の雰囲気を一層穏やかにしてくれている。階段を上がった上段にも、ブランコや鉄棒、健康遊具などが設置されているので、こちらでもゆっくりと遊ぶことができる。

礫川公園
礫川公園

上段はかなりの高さがあり、公園全体を見渡すことができるほどだ。長い階段の脇には、イタリア・ルネッサンス様式を参考にしてつくられたという3段に連なる滝(カスケード)が設けられており、公園のシンボルともなっている。

礫川公園
礫川公園

「礫川公園」は四季折々の景観も美しい。春になると上段にあるソメイヨシノが咲き始め、晩春には中段に植えられた八重桜が美しい。また同じころ、ハンカチノキの白い苞も鮮やか。6月になるとハゼノキが黄緑色の花を咲かせ秋には紅葉が見事。そのほかにも、園内に設置された花壇では四季折々の様を見せてくれる。遊びや散歩や待ち合わせにと子どもから大人まで多くの人に親しまれている公園だ。

礫川公園
所在地:東京都文京区春日1-15 
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busy..

詳細地図