方南町を知る

まもなく「新宿」駅や「大手町」駅へ直通運転が実現、将来性豊かな杉並区方南二丁目

2019年度末から東京メトロ丸ノ内線で都心直結へ 杉並区方南二丁目は東京メトロ丸ノ内線「方南町」駅の南北に広がるエリアだ。駅に近いことから電車の利用や買い物が便利で暮らしやすい住宅地として注目されている。

戦後復興の象徴として親しまれた丸ノ内線

方南二丁目の最寄りとなる「方南町」駅に乗り入れる東京メトロ丸ノ内線は、都内で2番目、国内でも4番目に開通した歴史を持つ路線だ。1954(昭和29)年に「池袋」駅から「御茶ノ水」駅間が開通した際には、戦後初の地下鉄として、赤いボディに白帯、銀色のウェーブがあしらわれたデザイン性の高い車両が投入されている。

修祓式を待つ「方南町」駅
修祓式を待つ「方南町」駅

1957(昭和32)年には「御茶ノ水」駅から「西銀座(現・銀座)」駅間が開通、1959(昭和34)年には「西銀座(現・銀座)」駅から「新宿」駅間も開通し、その後の高度経済成長期を支えてきた。

「新宿」駅以西は荻窪線として工事が進行

開業当時の「方南町」駅
開業当時の「方南町」駅

東京メトロ丸ノ内線のうち「新宿」駅から西側は荻窪線として工事が行われた区間だ。荻窪線は輸送量が輸送力の限界を超えていた国鉄中央線(現・JR中央線)の混雑緩和のため工事が開始され、1961(昭和36)年に「新宿」駅から「新中野」駅間と「中野坂上」駅から「中野富士見町」駅間が開業。「中野富士見町」駅付近には電車の車庫も設けられた。

現在の東京メトロ丸ノ内線の「方南町」駅
現在の東京メトロ丸ノ内線の「方南町」駅

1962(昭和37)年には「新中野」駅から「荻窪」駅間と「中野富士見町」駅から「方南町」駅間も開通し、「方南町」駅も誕生している。これにより現在の東京メトロ丸ノ内線の区間が全線開通となった。

「方南町」駅ホーム延伸工事で輸送体系が変化

開業時から「方南町」駅には「中野坂上」駅行きの3両編成の電車のみが発着している。ただし、現在、「方南町」駅のホーム延伸工事が2019年度末予定の完成を目指して進められている。完成後は「方南町」駅に「荻窪」駅方面と同じ6両編成の電車が乗り入れできるようになる。「方南町」駅からも「新宿」駅や「大手町」駅、「池袋」駅方面へ直通電車が運行されることになるだろう。

「新宿」駅への移動もより快適に
「新宿」駅への移動もより快適に

ホーム延伸後も「方南町」駅から出る東京メトロ丸ノ内線はすべて始発電車というメリットは失われない。通勤時間帯でも「方南町」駅から都心方面に座って移動できるようになり、通勤通学がさらに快適になりそうだ。

東京メトロ丸ノ内線
東京メトロ丸ノ内線

また、現在の「方南町」駅にはエレベーターやエスカレーターといったバリアフリー設備がない。そこで、ホーム延伸に併せてエレベーターやエスカレーター、多機能トイレを整備するほか、環七通り沿いへ新たな出入口を設けることになっており、誰もが快適に「方南町」駅を利用できるようになる。

方南二丁目周辺はより便利な街へ進化中

多くの診療科に対応する「立正佼成会附属佼成病院」
多くの診療科に対応する「立正佼成会附属佼成病院」

方南二丁目周辺では、2014(平成26)年には「立正佼成会附属佼成病院」が中野区弥生町から杉並区和田に新築移転されるなど、暮らしの利便性がさらに向上してきた。

エリアの東隣、弥生町六丁目にあった国家公務員宿舎跡地では「中野弥生町公園」の整備が進められている。神田川が隣接するゆるやかな傾斜地を活かし、宿舎当時にあった緑を残した公園になる予定で、園内には遊具や広場などのほか、まちづくり関連施設も移設されるという。さらに、防災公園としての機能を併せ持ち、大災害時には災害活動拠点にもなる。2018(平成30)年4月予定の開園後は地域の憩いの場として親しまれることだろう。

image photo
image photo

また、杉並区では保育施設整備計画に基づき保育施設の整備を進めている。2018(平成30)年4月には杉並区内で新たに19の認可保育所が開園する予定で、方南二丁目にも「(仮称)ポピンズナーサリースクール方南町」の開園が予定されている。子育てファミリーがより快適に暮らせる街になりそうだ。

まもなく東京メトロ丸ノ内線で都心直結できるようになり、公園や子育て施設の整備が進む方南二丁目。ここは将来性も豊かな住宅地といえよう。