猫好きな店主による地域に溶け込むベイクスタンド

necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)

necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)
necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)

日暮里舎人ライナー「赤土小学校前」駅から歩くこと3分ほど。下町らしい雰囲気の「川の手もとまち商店街」の一角に、2015(平成27)年11月「necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)」はオープンした。

necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)
necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)

猫好きなオーナー・古澤絵美さんによる小さな焼き菓子のお店で、店名は近隣に地域の人に愛されて暮らすノラ猫が多いことに由来する。いつか自分のお店を持ちたいと思っていた古澤さんが、この街を散歩した際に雰囲気を気に入り、ノラ猫たちのように地域に愛される存在になれるよう想いを込めて名付けた。

necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)
necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)

目を引く青いお洒落な店構えと、店先に並んだ焼き菓子のいい香りにつられて、ついつい足を止める人が多い。古澤さんが作るのは、スコーンやマフィン、タルト、パウンドケーキ、クッキーなど、素材をシンプルに仕上げた素朴な焼き菓子だ。手でほおばりながらコーヒーや紅茶と楽しめるサイズのものがほとんどで、店先はもちろん、近くの公園や少し足を伸ばして隅田川・荒川の土手で味わうのもいいだろう。

necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)
necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)

また、季節の果物を使った手作りジャムも人気だ。ブルーベリーやとちおとめ苺など旬の素材を使ったものから、スパイスが効いた濃厚なキャラメルチャイまで種類は様々。その味わい方は、パンやヨーグルトに添えるだけでなく、ミルクやソーダで割って味わうのもオススメとのこと。

necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)
necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)

オープンして約2年。スタンド形式のお店では日々、古澤さんとお客さんとのコミュニケーションが生まれてきた。小さな子どもからお年寄りまで誰もが大好きな焼き菓子を通じて、地元の人々の日常に溶け込んでいる。

necoya BAKESTAND(ネコヤ ベイクスタンド)
所在地:東京都荒川区東尾久4-12-12 
営業日:木~土曜日
営業時間:11:30~19:00(売切れ次第終了)
https://www.instagram.com/necoya_bakesta..

詳細地図