日本の伝統とモダンな日常を融合する雑貨たち

SOUP by SUPPE

JR総武線「東中野」駅東口より徒歩約3分、都営大江戸線「東中野駅」JR線側出口より徒歩約6分、東京メトロ東西線「落合」駅A3出口より徒歩約4分の、商業施設が点在する「東中野本通り共栄会」にある「SOUP by SUPPE」。家事や暮らしを楽しくするためのインテリアや雑貨を扱うセレクトショップである。

商品の一例
商品の一例

テーブルウェアやキッチンツール、家具、雑貨など、「楽天」でのインターネットショップを展開している。こちらの実店舗では、そうした商品の販売に加え、インテリア用品の企画製作、椅子やソファーの張替えリニューアル、オーダーカーテン、一点物のソファーや椅子、照明器具の企画製作などの企画・提案を店主の入江氏から受けられる窓口的な存在だ。

器が並ぶ商品棚
器が並ぶ商品棚

店内の照明は同店オリジナルで、手前の黄色いペンダントは、1300年もの歴史を持つ美濃焼き。日常使いの器をヒントに、美濃焼きの窯元に発注して創り出したペンダント照明だ。陶器ならではの温かみのもと、店内は新築の家のような木の香りに包まれている。ふと見上げると、棚の上の方に秋田県・大館の曲げわっぱの弁当箱も。熱いものは冷めにくく、冷たいものは冷たさを持続させる効果を持つという。天然杉の木香がお酒の味を引き立てるという、美しい木目のぐい飲みも並んでいた。

美濃焼きの照明
美濃焼きの照明

同店がセレクトする商品テーマは“伝統とモダンの融合”。日本の伝統的な技術を、現代の生活に使いやすいようアレンジ&カスタマイズすることで、普段使いのアイテムとして提案するスタイルだ。たとえば、安土桃山時代からの伝統的な遊び「花札」の柄をモチーフとしたファブリック商品や、魔除けや厄除けの意味を持つ鱗柄をモダンにあしらった玄関マット、縁起物の達磨や瓢箪を現代風にアレンジした手描き友禅のがま口など、日本の伝統柄を日常に取り入れやすいアイテムが揃っている。開運アイテム的な要素は、運気アップにつながりそうで嬉しい。

うすはり硝子
うすはり硝子

伝統工芸の発掘にも力を注いでいる。ガラスとは思えないほど軽くてソフトな手触りの「うすはり硝子」もその一つ。もともとは、電球用ガラスを製造していた松徳硝子(株)がその巧みな技によって、1mm以下の薄さのガラス製品を実現したものだという。そうした職人の手仕事による商品なだけに、価格は定価販売の物。普段使いとはいえ、思い入れを持って使いたいアイテムが揃っているのだ。

美濃手漉き和紙
美濃手漉き和紙

同店がセレクトしたアイテムは、日本の歴史だけでなく、四季を感じさせてくれる物も少なくない。入り口近くに置かれた「美濃手漉き和紙」の水うちわが、季節を表現するディスプレイのようにも見えた。

店主プロデュースの部屋
店主プロデュースの部屋

さらに、店主の入江氏は商品のプロデュースをはじめ、住宅及び商業施設、カフェ、オフィスのデザインや商品セレクト、住宅・モデルルームのインテリアコーディネートや住宅・マンションなどのリフォームプラン作成・施工に至るまで幅広く手掛けており、中野区の伝統工芸を継承する人たちや気心の知れた人たちとのモノづくりネットワークを構築しており、今後はこの実店舗を利用したワークショップの実施も検討中だ。また、山形県の鋳物産業にも着目しており、その中華鍋を使っての料理提案など、日本の伝統技術を現代の生活スタイルにカスタマイズしたアイディアを次々と発信してくれるに違いない。

店主の入江氏
店主の入江氏

「楽天」のネットショップにも、単なる商品スペックや特徴だけでなく、各商品が生み出された背景や歴史なども丁寧に説明されているので、興味がある方はぜひご覧いただきたい。同店の商品を通じて、職人の技術や日本文化の素晴らしさを改めて実感することができるだろう。

SOUP by SUPPE
所在地:東京都中野区東中野4-19-7 FCビル1F
電話番号:03-6908-9923
営業時間:月~金曜日11:00~19:00、土曜日12:00~18:00
定休日:不定休
http://item.rakuten.co.jp/soup-suppe/c/0..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ