独自の学習活動に力を入れる伝統校

中央区立久松小学校

日本橋久松町にある「中央区立久松小学校」は、伊予松山藩主の末裔・久松定謨(ひさまつさだこと)伯爵からの寄付によって、1873(明治6)年に児童数70余名で設立された歴史ある公立小学校。「ここに通いたい」と近隣へ居を移すファミリーも多いという、伝統ある学校である。

小学校の校門
小学校の校門

重点目標のひとつとして「豊かな心と健やかな体の育成」を目指しており、放課後の体力づくりという目的で始めた「ロング放課後遊び」は、朝から少しずつ時間を詰めることで放課後1時間、塾や習い事に行く前に学校で遊ぶ時間を捻出するようにしている。

外観
外観

学習面では「教科書の内容をきちんと身につけさせる」ことはもちろんのこと、「教科書に書いてあることを覚えました」「技能が身につきました」というだけにならないよう、思ったこと、感じたこと、気づいたことをお互いに出し合い、友達の気づきにも気がついて、そのうえで「あ、なるほど!」と納得できる機会を増やすよう努めている。

授業中の様子
授業中の様子

近年は保・幼・小の連携にも力を入れており、環境の違うところから一度に沢山の子どもたちが来た時に、受け入れる側が対応しきれなくなって生じる「小1プロブレム」という問題を防ぐために、教員が、夏休みに、保育所の見学に行くという試みも始めているという。

校内の様子
校内の様子

中央区立久松小学校
所在地:東京都中央区日本橋久松町7-2 
電話番号:03-3661-6016
http://www.chuo-tky.ed.jp/~hisamatu-es/i..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ