エリアコラム

生活環境の整備が進み、より暮らしやすく変貌する街 西東京市富士町

西東京市富士町は西東京市の中央部、西武新宿線の「東伏見」駅の北側に位置する。エリアの大部分は閑静な佇まいの住宅地で、暮らしの場として人気も高い。

富士参詣の道に由来する富士町

古くから参詣の道としてにぎわった富士街道
古くから参詣の道としてにぎわった富士街道

富士町という地名の由来は、エリアを貫く富士街道に由来している。この道は江戸時代にはふじ大山道と呼ばれ、中山道の「板橋宿」から現在の神奈川県の大山や富士山方面への参詣のルートだった。現在も富士街道沿いには石碑などが残り、歴史を感じることができる。

調布保谷線の西武新宿線アンダーパス
調布保谷線の西武新宿線アンダーパス

近年は道路の整備など生活インフラが充実し、さらに暮らしやすい住宅地に進化した。とくに、稲城市から埼玉県新座市との県境まで伸びる調布保谷線は、エリア付近の西武新宿線アンダーパスが2013(平成25)年に開通。2015(平成27)年には全線が開通し、南北の移動が便利になっている。

西武新宿線「東伏見」駅至近という利便性

「東伏見」駅から「高田馬場」駅までわずか17分
「東伏見」駅から「高田馬場」駅までわずか17分

西東京市富士町は「東伏見」駅に近く、交通アクセスの利便性も高い。「東伏見」駅には西武新宿線の準急も停車し、「高田馬場」駅まで17分、「西武新宿」駅まで20分でアクセスできる。「高田馬場」駅で東京メトロ東西線に乗り換えれば「大手町」駅まで30分、JR山手線に乗り換えれば「渋谷」駅まで29分と、都心方面へのアクセスも良好だ。

「保谷」駅も利用可能
「保谷」駅も利用可能

また西東京市富士町は、西武池袋線の「保谷」駅にも近い。西武池袋線には「池袋」駅に向かう電車の他、東京メトロ有楽町線や東京メトロ副都心線・東急東横線直通の電車もあり、「有楽町」駅や「横浜」駅方面に向かう場合は、「保谷」駅を利用するとよいだろう。

ショッピング施設や公共施設も充実

「西東京市役所 保谷庁舎」に短時間でアクセス可能
「西東京市役所 保谷庁舎」に短時間でアクセス可能

西東京市は2001(平成13)年に田無市と保谷市が合併して誕生した市で、現在も市役所はかつての「保谷市役所」と「田無市役所」それぞれに庁舎を持つ。富士町からは旧「保谷市役所」の「西東京市役所 保谷庁舎」が近く、行政手続きなどが必要になっても短時間で済ませることが可能。「西東京市役所 保谷庁舎」周辺には「西東京市スポーツセンター」や「保谷こもれびホール」など公共施設も多く、公共サービスの利用も簡単だ。

「いなげや 西東京富士町店」などスーパーマーケットが多い
「いなげや 西東京富士町店」などスーパーマーケットが多い

西東京市富士町周辺は買い物も便利だ。近隣に「三浦屋 東伏見店」や「いなげや 西東京富士町店」、「ウェルパーク 西東京富士町店」などスーマーケットやドラッグストアが揃い、日常の買い物は身近で済ませることもできる。「保谷」駅前の「Emio保谷」や「西友 保谷店」も利用しやすいため、普段の買い物で不便することはなさそうだ。

「吉祥寺」駅前も気軽に利用できる
「吉祥寺」駅前も気軽に利用できる

また、エリア付近の「鳥久保」停留所からバスに乗れば「吉祥寺」駅までは27分、「天神山」停留場からは「三鷹」駅まで29分で移動でき、これら両駅周辺のショッピング施設も気軽に利用できる。

子育てファミリーにうれしい施設が揃う

温もりのある木造園舎が特徴の「東京女子学院幼稚園」
温もりのある木造園舎が特徴の「東京女子学院幼稚園」

西東京市富士町は子育ての場としても魅力が多い。幼稚園は「東京女子学院幼稚園」、保育施設は「西東京市立なかまち保育園」などが近く、送り迎えの時間が短くて済む。

近隣には「ステラ音楽教室 東伏見教室」や「イトマンスイミングスクール 東伏見校」、「早稲田アカデミー 東伏見校」といった学習塾、習い事施設も揃い、安心して通わせることができるだろう。

水と緑が身近な生活環境

水辺の散策が楽しい「武蔵関公園」
水辺の散策が楽しい「武蔵関公園」

西東京市富士町は自然に親しめるスポットに恵まれていることも特徴だ。「東伏見」駅南側にある「武蔵関公園」はひょうたん型の「富士見池」の周辺に整備された公園で、池の畔の遊歩道でジョギングや散策が楽しめるほか、夏にはボート遊びを楽しむこともできる。エリア西側には、調布保谷線の整備に合わせて「東伏見公園」が造られた。この公園から石神井川沿いを通り、「武蔵関公園」に散策するのも楽しいひと時になるだろう。

駅に近い場所にありながら、水と緑が暮らしに息づく西東京市富士町。ここでは穏やかな毎日が心地よい。