地元密着で営むかき氷とカレーの専門店

食堂 八(はち)

かき氷とカレーが大好評
かき氷とカレーが大好評

「豊島園」駅から徒歩1分もかからない場所に「食堂 八」がある。かき氷とカレーが人気で、仲の良い夫婦が営むアットホームなお店だ。可愛い入口から小上がりの座敷へ上がる。まるで、ご自宅に上がるかのような心地よさ。内装は、ご主人の知り合いがリフォームしたそうで、秘密基地のようでワクワクする。琉球畳が懐かしい雰囲気も演出している。

お店の外観
お店の外観

お店は2013(平成25)年にかき氷専門店としてオープンした。「母親の影響で全国のかき氷を食べ歩きました。そのうち私も大好きになりお店をひらくことに」と、オープンのきっかけを教えてくれた奥様。当初は、納得できるかき氷を完成させるまで大変だったそうで、「毎日、試作のかき氷を食べていました」とご主人。ちょっとでも設定が変わると出来栄えに影響する繊細なかき氷器は、二人を相当に苦労させたようだ。

かき氷
かき氷

ご夫婦が二人三脚で完成させたかき氷は、フワフワの食感で、冷たいけど冷たさを感じさせない、優しさに包まれた逸品に。かき氷の種類は豊富で、チャイやみるくあんこ、抹茶みるく、いちごみるくなど全部で10種類ある。ここに来れば、きっとお気に入りの味を見つけることができるだろう。

エビのスパイス炒めごはん
エビのスパイス炒めごはん

2016(平成28)年からは、ご主人が得意とするカレーの提供をスタートさせた。インドカレーでもタイカレーでもない。ジャンルにとらわれず、ご主人が10年以上もの年月をかけてたどり着いた味。自慢のカレーを提供してくれる。数種類のカレーを少しずつ混ぜていろいろな味わいを楽しむのが、ここ八ちゃん流の食べ方だ。

「エビのスパイス炒めごはん」はとても美味しくておすすめ。大きなエビがのったスパイス炒めごはんに、豆カレーとタコカレーがついてくる。まったくタイプの違う2種のカレーを堪能でき、プリプリのエビが食べ応え充分だ。

店内の様子
店内の様子

テイクアウトができるのも嬉しい。かき氷はもちろん、カレーのお弁当もある。暑い日に「氷」の暖簾を見たら、きっと自然とお店に足を運んでしまうだろう。現在子育てに奮闘している奥様は「子供がもう少し大きくなったら、営業時間を少しずつ伸ばしたいなと思っています」と、仕事と子育てで充実した毎日を送られている。

食堂 八(はち)
所在地:東京都練馬区練馬4-15-18 
電話番号:03-6767-8080
営業時間:11:30~15:00
定休日:月・火曜日
https://twitter.com/hachi_toshimaen

詳細地図