有機野菜を使った美味しい家庭料理を味わえる

jicca(ジッカ)

内観
内観

京王線「幡ヶ谷」駅から徒歩5分。「jicca(ジッカ)」はナチュラルワインと家庭料理を気軽に楽しめるお店。「懐かしさと新しさを感じながら料理を楽しんでもらえる場所」をコンセプトに、忙しい毎日の中で、実家のようにくつろげる空間が広がる。料理に使われる有機野菜は、高知県須崎市と山口県下関市の契約農家から直接仕入れたものと、青山で毎週末開催されるファーマーズマーケットで仕入れたものを使用。栄養たっぷりの旬の野菜は、料理に彩りと深い滋味を与えている。

ゆっくりとくつろぎながら料理を楽しめる
ゆっくりとくつろぎながら料理を楽しめる

ランチの定番メニューは、旬の焼き野菜がごろごろ入った「豚ひき肉と旬野菜のドライカレー」。オリジナルのスパイスがきいた大人のドライカレーだ。季節の野菜がたっぷり乗った「旬野菜pizza」は国産小麦の自家製生地が特徴。そのほかに、旨味たっぷりのひき肉とまろやかな半熟玉子が入った「きのことひき肉と卵の焼きカレー」も人気メニューだ。これらのランチメニューは、サラダとスープがついて価格は900円(税込)。300円をプラスすれば、ビールやワイン(赤/白)をつけることもできる。

料理の一例
料理の一例

アルコールはドイツの伝統的な製法で醸造される麦芽100%のプレミアムな生ビール「エーデルピルス」をはじめ、軽やかなあじわいのナチュラルワインやオリジナルカクテル、「塩漬けレモンのハイボール」などバリエーション豊富にそろう。仕事帰りの癒しの場としても重宝しそうだ。東北地方の糀の浅漬けをさらにビネガーで漬け込んだ「三五八ピクルス」や香味野菜と鯖をじっくり煮込んでペーストした「鯖のリエット」、18ヶ月熟成した「パルマ産プロシュート」、「つぶ貝ときのこのアヒージョ」など、魅力的なおつまみも充実している。 「前菜3種盛り」は複数ある前菜の中から好みのものを選ぶことができる。

お店の入り口
お店の入り口

シャキッとした歯ごたえの「干し野菜のラタトゥイユ」、噛むたびに旨味が溢れ出る「豚と焼きなすのパテ」も人気があり、ワインやビールにぴったりの味付けがたまらない。須崎市直送のかぼちゃを使った料理は、お酢の酸味とかぼちゃの甘みが絶妙な一品。これらの料理を盛り合わせた「特製の前菜盛り」1,080円(税込)を購入することも可能。このエリアに暮らすなら押さえておきたい一軒だ。

jicca(ジッカ)
所在地:東京都渋谷区西原2-27-4 升本ビル2F奥
電話番号:03-5738-2235
営業時間:月曜日18:00~23:00(L.O.22:30)、火~土曜日12:00~15:00(L.O.14:30)、18:00~23:00(22:30)
定休日:日曜日、祝日
http://fromjicca.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ