ビジネス街に彩りを添える桜の名所

桜川公園

桜川公園
桜川公園

JR京葉線・東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅のほぼ前にあり、周辺住民や近隣に勤めるビジネスマンが憩いの場として利用されている「桜川公園」。江戸時代に「八丁堀」と呼ばれていた堀割が、明治になって「桜川」と改称され、昭和の中頃に埋め立てられた跡の一部を使ってつくられた公園だ。総面積5,000平方メートル超の広い公園は、新大橋通りの歩道と一体化して整備されており、多目的広場を中心にして、子ども向けの複合遊具や、大人向けの健康遊具、砂場などが配置されている。春には桜の名所として、街を行き交う人の目を楽しませてくれる。

桜川公園
所在地:東京都中央区入船1-1-1 

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ