小金井公園や小金井桜の緑に佇む閑静な住宅地、小平市花小金井南町一丁目

小平市花小金井南町一丁目は、小平市の南東部、「小金井公園」に隣接する場所に位置する。エリア内には由緒あるゴルフコース「小金井カントリー倶楽部」があり、「玉川上水」沿いの桜の名所「小金井桜」など豊かな自然に抱かれた快適な環境が魅力の街だ。

玉川上水開通にともない新田集落が誕生

江戸時代から花見の名所として親しまれた玉川上水沿いの小金井桜
江戸時代から花見の名所として親しまれた玉川上水沿いの小金井桜

地形としては武蔵野台地上にあり、水が得にくいため江戸時代初期まで原野が広がっていた。「玉川上水」の開通後、周辺エリアにも分水が許されたことから、台地上には多くの新田集落が誕生。今の花小金井南町一丁目でも鈴木用水沿いに新田集落が開かれている。こうした新田集落では各家が平等に水を確保するため、南北に長い短冊状の地割となり、今もエリアの街区の道路には当時の面影が残っている。

この「玉川上水」沿いには江戸幕府八代将軍の徳川吉宗の命により山桜が植えられ、やがて「小金井桜」と呼ばれるようになった。多くの文人墨客もこの桜を愛で、『江戸名所図会』や歌川広重の錦絵などにも描かれている名所になっている。

1924(大正13)年に「武蔵小金井」駅が開設、1927(昭和2)年にはエリアの北側に西武村山線(現・西武新宿線)が開通、「花小金井」駅も開設されると、花小金井南町一丁目周辺でも交通利便性が高まったことから、1928(昭和3)年に研修施設として使われた「浴恩館(現・小金井市文化財センター)」が開館、1939(昭和14)年には結核療養所として誕生した「桜町病院」が開院するなど、徐々に発展してきた。また、1937(昭和12)年に「小金井カントリー倶楽部」がオープン、1940(昭和15)年には紀元2600年記念事業として「小金井大緑地(現・小金井公園)」が計画されるなど、行楽地としての開発も始まっている。

西武新宿線のほかJR中央線も利用可能

「花小金井」駅
「花小金井」駅

花小金井南町一丁目に暮らす場合、交通アクセスの利便性は今も大きな魅力だ。「花小金井」駅から西武新宿線に乗れば「西武新宿」駅まで約25分でダイレクトアクセス可能。「高田馬場」駅で東京メトロ東西線に乗りかえれば都心方面へのアクセスもよい。

また、「小金井公園北」停留所からは「武蔵小金井」駅行きのバスが平日日中でも約5分間隔で走っており、JR中央線の利用もしやすい。「武蔵小金井」駅に出れば「新宿」駅や「東京」駅にダイレクトアクセス可能。「武蔵小金井」駅周辺の再開発も予定されており、完成後は電車利用とともに買い物も便利になるだろう。

小金井公園や小金井桜など緑を満喫できる街

花小金井南町一丁目周辺は、緑も豊かだ。「小金井カントリー倶楽部」は現存する都内のゴルフ場としては最古で、国内でも有数の名門コースとして知られている。会員以外がプレーできる機会は限られるが、コース内の広大な緑地は周辺に穏やかな環境というメリットをもたらしている。

小金井公園
小金井公園

「小金井カントリー倶楽部」の南東には「小金井公園」が隣接している。小金井公園は都内有数の広大な敷地を誇り、「江戸東京たてもの園」をはじめ、ドッグランやバーベキュー場、ソリゲレンデ、サイクリングコースなどファミリーで楽しめる施設が多い。

「花小金井」駅周辺の緑道
「花小金井」駅周辺の緑道

「花小金井」駅の南側を抜ける「狭山・境緑道」沿いには「小平ふるさと村」「都立東村山中央公園」「都立狭山公園」「多摩湖」「狭山湖」など見どころが多く、折に触れて散策やサイクリングをするのも楽しい。エリアの南側を流れる「玉川上水」沿いにある「小金井桜」など、四季を満喫できるスポットも多彩だ。

日本のブルーベリー栽培の先駆け、島村ブルーベリー園
日本のブルーベリー栽培の先駆け、島村ブルーベリー園

花小金井南町一丁目のある小平市はブルーベリーの生産地としても知られる。とくにエリア内の「島村ブルーベリー園」は日本初のブルーベリー栽培農園で「花小金井」駅前には「ブルーベリー栽培発祥の地こだいら」の碑がある。小平市内では小平産ブルーベリーを使ったグルメが味わえるほか、小平ブルーベリーのマスコットキャラクター「ぶるべー」もイベントなどに登場している。

ショッピング施設やグルメの名店が近く豊かな暮らしを満喫

いなげや 花小金井駅前店は翌23時まで営業
いなげや 花小金井駅前店は翌23時まで営業

豊かな自然に抱かれた花小金井南町一丁目だが、暮らしの利便性も高い。「花小金井」駅前にはスーパーマーケット「いなげや 花小金井駅前店」やドラッグストア「ウェルパーク 花小金井駅前店」などショッピング施設が充実。商店街もあり、日常の買い物で不便は感じない。

イートインスペースがあり人気のパティスリー ドゥネル
イートインスペースがあり人気のパティスリー ドゥネル

「パティスリー ドゥネル」や「菓子屋イコナ」といったスイーツの名店が集まっていることも特徴だ。イタリアンの「ファソラ」やワインバー「BUGreen」、カフェ「茶房 萌木」など地域の人々に愛されているグルメの店も多い。

また、小平市周辺では古くからうどん食の文化があり、近年は「武蔵野うどん」としてご当地のグルメとして注目されるようになった。とくに新小金井街道沿いの「小平うどん 本店」は人気店として知られる。

入院や救急に対応する公立昭和病院も近い
入院や救急に対応する公立昭和病院も近い

花小金井南町一丁目周辺にはかかりつけに便利なクリニックが揃うほか、「聖ヨハネ会 桜町病院」や「ケアタウン小平」など、ホスピスや在宅医療に注力する医療機関も充実。「公立昭和病院」など入院や救急に対応する病院が近いのも心強い。

公立の小・中学校に加え、国立・市立の人気校、幼稚園・保育園も揃う

小平市立花小金井南中学校は徒歩1分
小平市立花小金井南中学校は徒歩1分

花小金井南町一丁目は教育・子育て環境もよい。「小平市立花小金井小学校」は徒歩10分、通学区の「小平市立花小金井南中学校」は徒歩1分、「小平市立小平第八小学校」は徒歩19分に位置。小平市では小・中連携教育が進められていることも特徴だ。周辺には「東京学芸大学附属幼稚園小金井園舎・小金井小学校・小金井中学校」「サレジオ小学校・中学校」「中央大学附属中学校・高等学校」「早稲田実業学校中等部・高等部・初等部」といった人気の教育施設が揃っていることも魅力になる。

2014(平成26)年に開園したドリームキッズ 花南保育園
2014(平成26)年に開園したドリームキッズ 花南保育園

幼稚園や保育園も多く、とくに認可保育園はここ2年で「うめのき保育園」や「ドリームキッズ 花南保育園」が開園したほか、2016(平成28)年4月には「うれしい森保育園」が開園。さらに子育てしやすい街になった。

緑豊かで、生活関連施設や教育・子育て施設に恵まれた小平市花小金井南町一丁目。この街はファミリーが快適に暮らせる街といえるだろう。