生徒達が能動的に学び、楽しむ学校

東京都立国立高等学校

1940(昭和15)年に開校し、都立高校としてトップクラスの進学実績を誇る「東京都立国立高等学校」。2003(平成15)年以来、進路指導重点校に指定され、カリキュラムは「東京大学」「京都大学」「一橋大学」「東京工業大学」といった難関国公立大学に現役で入学する実力を身に付けることを目標にしている。

東京都立国立高等学校
東京都立国立高等学校

近隣の学校との連携も強い。「一橋大学」の先生が経済などについて講演を行うほか、定期試験前には「一橋大学」や「東京大学」の学生がきて勉強を見てくれたりもする。逆に、「東京都立国立高等学校」の生徒が周囲の中学校に出向いて補修を手伝うこともあるというのもユニークだ。

3年間を同じクラスで過ごす
3年間を同じクラスで過ごす

「東京都立国立高等学校」では3年間クラス替えをせず、基本的には担任も変わらない。一人の担任が1年生から3年生まで生徒の成長を見守り、成績の変化を見ながら指導していく。また、指導方法にも特徴がある。アクティブラーニングというものを積極的に取り入れ、受け身ではなく生徒自身で考える授業に取り組んでいる。こういった仕組みや体制ゆえに、毎年、国公立大学合格者数は全国でもトップクラスを保っているのだろう。

国立高校の伝統行事「第九演奏会」
国立高校の伝統行事「第九演奏会」

部活動が盛んなのも特徴だ。野球部、チアリーディング部、少林寺拳法部など、華々しい成績をあげている部活動も多い。また、最大の行事である「文化祭」も手を抜かない。目玉となるのは3年生によるクラス演劇で、全てのクラスがそれぞれに1日複数回公演を行い、いずれも観客席は埋め尽くされるという人気ぶり。新入生歓迎会も、プロのオーケストラやソリスト、指揮者とともに、2、3年生の音楽選択者と希望者が合唱するというスケールの大きさだ。いずれも行事はすべて生徒が運営の中心を担う。部活動も行事も勉強も、全員で成し遂げるという意識を生徒全員が持っているのだ。

東京都立国立高等学校
所在地:東京都国立市東4-25-1 
電話番号:042-575-0126
http://www.kunitachi-h.metro.tokyo.jp/ho..

詳細地図