文教都市・国立に隣接する緑豊かな街、国分寺市富士本

国分寺市富士本二丁目は、JR中央線の「国立」駅北口から歩いて数分の場所に位置するエリアだ。緑に恵まれた閑静な住宅街で、穏やかに子育てができる街として注目されている。

国立周辺には充実の子育て環境が広がる

「東京都立国立高等学校」
「東京都立国立高等学校」

文教都市として発展した「国立」駅周辺は教育環境に恵まれている。「国立音楽大学附属幼稚園・小学校」や「桐朋学園小学校・中学校・高等学校」、「東京都立国立高等学校」、「一橋大学」など多彩な教育施設が揃い、近隣の教育の選択肢が多いことはこのエリアに暮らすメリットの一つだろう。周辺には、進学校として知られる「東京都立国分寺高等学校」や「東京都立立川国際中等教育学校」もある。

「国分寺市立第二小学校」は徒歩10分圏内
「国分寺市立第二小学校」は徒歩10分圏内

国分寺市立の小・中学校は公立学校の教育が充実していることでも知られている。富士本二丁目の通学指定校となる「国分寺市立第二小学校」は徒歩10分圏内にあり、短時間で通学できることも安心だ。同じく通学指定校の「国分寺市立第三中学校」は東京都から「理数フロンティア校」の指定を受けており、少人数授業や課題別グループ指導など、細やかな指導により理系教科の学力向上に力を入れている。

みふじ幼稚園
みふじ幼稚園

また、周辺には「みふじ幼稚園」や「富士本保育園」といった幼稚園、保育施設も揃い、その多くが徒歩10分圏内にあるため、送り迎えの手間も少なくて済むだろう。

「にっけん幼児進学 国立教室」
「にっけん幼児進学 国立教室」

「国立」駅前にはほかにも「桐朋学園小学校」への合格実績に定評のある「Abilityひとみ幼児教室」や、45年以上の歴史がある「にっけん幼児進学 国立教室」、「ICE幼児教育 国立教室」「ジャック幼児教育研究所 国立教室」といった幼児教室が充実。元劇団四季講師のレッスンが受けられる「国立ミュージカルスタジオ」をはじめとした複数の音楽教室など、音楽の街を感じさせる習い事教室があることも国立ならではの魅力だ。

文教都市、国立に隣接する住宅地として発展

富士本二丁目周辺はおおむね標高80~90mの武蔵野台地上にあり、古くは原野が広がっていたという。江戸時代に「野中新田」として開拓され、農村として発展した。

「一橋大学」
「一橋大学」

1926(大正15)年にエリアの南側に「国立」駅が開業。「国立」駅の南側は「一橋大学」や「国立音楽大学」など教育施設を擁する文教都市として発展を遂げた。

戦後は交通の利便性に恵まれた東京近郊のベッドタウンとして住宅地の開発が進み、富士本二丁目周辺も現在のようなベッドタウンに進化を遂げている。

JR中央線で「新宿」駅や「東京」駅にダイレクトアクセス

「国立」駅北口
「国立」駅北口

富士本二丁目は交通アクセスの利便性に恵まれている街だ。最寄り駅である「国立」駅からJR中央線に乗れば、「新宿」駅や「東京」駅など都心の主要駅へダイレクトアクセス可能。2駅目の「国分寺」駅で特別快速や通勤特快に乗り換えれば、さらにスムーズに移動できる。

近年はJR中央線の高架化など交通インフラの整備も行われた。「国立」駅はバリアフリー設備が整った新しい駅になり、電車の利用がしやすくなったほか、富士本二丁目から「国立」駅の南側へのアクセスも便利になっている。

日常のショッピングから、家族で過ごせる大型施設まで

nonowa国立
nonowa国立

「国立」駅には駅直結のショッピングセンター「nonowa 国立」があり、電車を利用した際の買い物に便利だ。2016(平成28)年4月にはグルメの店が揃う「nonowa 国立WEST」が誕生し、さらに魅力を増している。

「国立」駅の南口方面に出れば、高級スーパーマーケット「紀ノ国屋 国立店」や「古道具 LET ‘EM IN」などおしゃれなショップが点在し、こだわりの品を手に入れることができるのもうれしい。

「IKEA立川」も日常圏内
「IKEA立川」も日常圏内

また、JR中央線で1駅目の「立川」駅周辺には「伊勢丹 立川店」や「立川タカシマヤ」など多くのショッピング施設が集まる多摩地区有数のショッピングタウンだ。「立川」駅の北側には2014(平成26)年に「IKEA立川」、2015(平成27)年には「ららぽーと 立川立飛」もオープンしており、多彩な買い物ニーズに応えてくれるようになった。

「国立」駅周辺には雰囲気のよいカフェ、パンや紅茶の専門店、特別な日の食事にぴったりの高級店など多彩なグルメの店が集まる。お気に入りの店を見つけることも富士本二丁目での暮らしの楽しみになりそうだ。

暮らしに緑が息づく

桜が美しい「大学通り」
桜が美しい「大学通り」

富士本二丁目の南西側には武蔵野台地の立川面と武蔵野面の境となる国分寺崖線が通る。国分寺崖線はハケと呼ばれるなだらかな傾斜地で、「平兵衛樹林地」など武蔵野の面影を感じることができるスポットが点在する。

「国立」駅から南に伸びる大学通りは、春は桜、秋はイチョウの紅葉が見事な並木道で、自然を感じられる場所が多いことも魅力だ。

暮らしの利便性と豊かな緑を併せ持つ国分寺市富士本二丁目。ここでは確かに快適な暮らしを楽しめるだろう。