府中市都市整備部地区整備課、まちづくり府中 インタビュー

40余年の年月を経て完了に至った「府中」駅前の再開発と、今後のまちづくり

2017(平成29)年7月に「LE SIGNE(ル・シーニュ)」が開業したことで、府中駅南口地区再開発事業は完了した。計画から実に43年を経てのことである。今回は、再開発が決定するまでの経緯と完了後について、そして、再開発によって高められた府中の魅力を「都市整備部地区整備課」の轟さんと、一般社団法人まちづくり府中の岩田さん・南學さんに伺った。

計画から43年越しの完成となる「府中」駅南口の再開発事業

――「都市整備部地区整備課」の概要と「まちづくり府中」の活動について聞かせてください

轟さん:地元の権利者によって組織された組合に対し、助言・指導することや補助金の手続きを行うことが主な業務となります。また、1年間に4回ある市議会定例会の再開発対策特別委員会に報告することも業務の1つです。再開発事業の施行者(組合)には、国や都などの補助金が投入されますが、間接補助であるため、組合が補助金を受けるためには、府中市が間に入らなくてはならない理由があります。

岩田さん・南學さん:「まちづくり府中」に関しては、中心市街地のエリアマネジメントを担っています。商業施設や公共施設を巻き込みながら地域活性を図り、各団体との調整やイベントの企画、また府中駅周辺商店街マップなどのチラシも発行しています。

「府中」駅前の様子
「府中」駅前の様子

――「府中」駅前における再開発の目的、またこれまでの経緯について教えていただけますか?

轟さん:府中駅南口地区は、駅の開業とともに自然発生的に発展したため、道路が狭いだけでなく、一帯は商店や住宅などの木造家屋が密集していました。そこで府中市は、都市工学の権威のある東京大学の高山研究室に、総合的な都市診断を依頼しました。その結果、地域開発と都市防災の両面から再開発の必要性を説かれたため、中心商業地区にふさわしい街区―公共施設の整備、商業の近代化、防災に強い街づくりなどをテーマに、府中市の表玄関として再整備することになりました。

轟さん:「伊勢丹」と「フォーリス」を中心とする第2地区は1993(平成5)年12月より再開発ビルの工事に着工し、1996(平成8)年に完成。駐車場や道路整備が図られたことで、市民生活はより便利なものとなりました。第3地区については2005(平成17)年3月に商業施設の「くるる」が完成、そして「LE SIGNE」のある第1地区が2017(平成29)年7月に完成したことで、40年以上にわたって進められてきたプロジェクトがついに完了したのです。

「LE SIGNE」
「LE SIGNE」

――再開発を進めるにあたり、住民から意見や要望はありましたか?

轟さん:これまでの木造家屋が密集し、各店舗が営業している街並みに愛着を持たれている方もおり、存続させてほしいとの声もありました。テナントの選定に関しては、要望をいただいたこともあり、施行者である組合に対し、要望があったことを伝えました。

「LE SIGNE」
「LE SIGNE」

今後は街のさらなる活気づくりに注力

――今後の注目は“ソフト面をいかに充実させるか”ですね?

岩田さん・南學さん:商業施設が立ち並んでいる「府中」駅周辺ですが、それぞれが独自のイベントを主催し、これまで“府中”という旗印のもとでイベントが開催されたことはありませんでした。今回、「まちづくり府中」がコーディネイトすることにより、ペデストリアンデッキでの合同イベントが実現しました。今後はさらに、周辺の13の商店街と連携しながら、街全体の活性化に繋げていければと思っています。また、市内全体にも目を向けて、人気店の紹介をけやき並木で行うのも面白いかもしれません。府中市の表玄関が整備されたことを機に、街のさらなる活気づくりに貢献できるよう「まちづくり府中」としても、これまで以上に頑張っていきたいと思っています。

魅力あるまちづくりを進める「まちづくり府中」
魅力あるまちづくりを進める「まちづくり府中」

――府中市は、どのような街を目指していくのですか?

岩田さん・南學さん:“街の活性化”が主要テーマである「府中市中心市街地活性化基本計画」に基づき、「商業活性化の推進による魅力あふれるまちづくり」、「地域資源を活かした賑わいのあるまちづくり」、「文化・歴史を育み暮らしやすいまちづくり」を掲げ、賑わいを創出することで市民・来訪者が集い、さらに交流する文化・歴史ある中心市街地の形成を目指しています。

国指定天然記念物 馬場大門のケヤキ並木
国指定天然記念物 馬場大門のケヤキ並木

――「府中」駅を中心とする区域の魅力について聞かせてください

岩田さん・南學さん:やはり「大國魂神社」の参道でもある「馬場大門のケヤキ並木」がもたらす景観が一番の魅力です。駅の近くにこれだけのケヤキ並木がある街は、あまり多くはないと思います。このケヤキ並木があるから府中で踊りたいという「よさこいin府中」の参加チームもあるくらいです。また「大國魂神社」を中心に、毎月のように祭りが開かれることも大きな魅力ですね。来て、見て、住むことで魅力が実感できる街ではないかと思います。

府中市 都市整備部地区整備課
轟さん

一般社団法人まちづくり府中
岩田さん・南學さん

府中市:https://www.city.fuchu.tokyo.jp/
まちづくり府中:http://machidukuri-fuchu.jp/
※この情報は2017(平成28)年7月時点のものです。