再開発が完了し、さらに便利で快適な街に進化した府中市府中町

府中市府中町は京王線「府中」駅の北側に広がる。府中市は東京都のほぼ中央に位置し、東で調布市、西で国立市と日野市、南では多摩市と稲城市、北は国分寺市と小金井市と接している。府中という地名は律令時代に武蔵国の国府が置かれていたことに由来し、今も街には歴史の薫りが色濃く漂う。府中町は府中市の中心部にあたりショッピング施設や公共施設に恵まれている一方、「大國魂神社」や「府中公園」など緑も身近なエリアだ。

京王線で「新宿」駅まで短時間で直結

京王線のすべての電車が停車する「府中」駅
京王線のすべての電車が停車する「府中」駅

最寄りとなる「府中」駅は京王線の特急などすべての電車が停車する主要駅で、特急を利用すれば「新宿」駅までわずか23分と短時間で到着する。「明大前」駅では京王井の頭線、「笹塚」駅では都営地下鉄新宿線直通電車と乗り換えでき、「渋谷」駅や「吉祥寺」駅、「市ヶ谷」駅や「神保町」駅方面にもスムーズにアクセスできる。「府中」駅から「高尾山口」駅行きの電車に乗れば、外国人にも人気の高尾山へ気軽に出かけることが可能だ。

エリアからはJR南武線とJR武蔵野線が乗り入れる「府中本町」駅も徒歩圏内となる。JR南武線とJR武蔵野線は都心部から放射状に延びる路線との接続駅が多く、「府中本町」駅から乗り換え1回でアクセスできる範囲は広い。

スーパーマーケットから大規模ショッピング施設まで、身近に揃う

深夜1時まで営業している「CHETOS Yamazaki 府中店」
深夜1時まで営業している「CHETOS Yamazaki 府中店」

府中町は買い物環境にも恵まれている。「府中」駅周辺には深夜1時まで営業しているスーパーマーケット「京王ストア 府中店」や「CHETOS Yamazaki 府中店」があり、帰宅が遅くなっても買い物することができるのも便利だ。

シネマコンプレックスもある「くるる」
シネマコンプレックスもある「くるる」

ほかにも「伊勢丹 府中店」や「京王府中ショッピングセンター」など多くのショッピング施設が集まる。とくに「くるる」は多彩な専門店に加え、シネマコンプレックス「TOHOシネマズ 府中」もあり、買い物ついでに映画も楽しめる。

老舗の酒屋に造られた「蔵カフェ」
老舗の酒屋に造られた「蔵カフェ」

府中町周辺にはショッピング施設内の飲食店をはじめ人気のチェーン店も揃い、食の楽しみも多い。江戸時代創業の酒屋が営む「蔵カフェ」や、竹林の中に建つ「菩提樹」など、居心地の良いカフェが点在しているのもうれしい。

豊かな緑があふれる街

開放的な風景が心地よい「府中の森公園」
開放的な風景が心地よい「府中の森公園」

府中町周辺には「府中の森公園」や「府中公園」などの大規模公園が多いことも特徴だ。「大國魂神社」の参道となる「馬場大門けやき並木」では四季折々の風景を楽しめるだけでなく、マルシェなどイベントも多く開催されている。また、「馬場大門けやき並木」の北端で交差する「桜通り」はその名の通り春には桜のアーチとなり、多くの人が花見に訪れる。

「東京競馬場」には「JRA競馬博物館」もある
「東京競馬場」には「JRA競馬博物館」もある

エリア南側に広がる「東京競馬場・JRA競馬博物館」は近年、気軽なレジャースポットとしても注目されている。女性ファン向けのイベントも開かれるようになり、女性の客も増えているという。

再開発ビル「LE SIGNE(ル・シーニュ)」が完成

「府中」駅南口に誕生した「LE SIGNE(ル・シーニュ)」
「府中」駅南口に誕生した「LE SIGNE(ル・シーニュ)」

「府中」駅南口では再開発など都市インフラ整備が続けられており、2017(平成29)年7月には最後の再開発となる「LE SIGNE(ル・シーニュ)」がいよいよ完成。ここには地下1階から4階はファッションや雑貨、クリニックなどショッピングゾーンになるほか、地下2階には「府中の森芸術劇場分館」も入る。「府中」駅の駅前広場やベデストリアンデッキも拡大され、さらに利便性が高まりそうだ。

ますます便利で快適になる「府中」駅に隣接する府中市府中町。ここは暮らしの場として理想的な環境が整っている。

あわせて読みたい。関連ページ