駅南口からつながる商公医住一体型施設

LE SIGNE(ル・シーニュ)

LE  SIGNE(ル・シーニュ)
LE SIGNE(ル・シーニュ)

「府中」駅南口に再開発事業計画が作られてから約40年。満を持して、商・公・医・住一体型の複合施設「LE  SIGNE(ル・シーニュ)」が完成した。名称の「LE  SIGNE」は、フランス語で「予感」などを意味する単語。元・武蔵国の表玄関であった府中市をイメージして、人と人が出会える予感のある場になるようにとの願いを込めている。約6,000平方メートルの敷地に、地上15階・地下3階のフロアを持つ大型施設のコンセプトは「ツナガル・シーニュ」。住宅と公共施設のほかに、飲食店やサービスなど誰もが知り、訪れたくなる約100店が出店する。

LE SIGNE(ル・シーニュ)
所在地:東京都府中市宮町1-100 
http://lesigne.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ