都内屈指の歴史を誇る武蔵国の総社

大國魂神社

大國魂神社
大國魂神社

『古事記』『日本書紀』に記す神話の時代、第12代天皇・景行天皇の世に創建されたと伝えられる、都内屈指の古社、「大國魂神社」。2000年近い歴史を持つ神社は、武蔵国の守護神として大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を、今の「こどもの日」にあたる5月5日に祀ったことに始まる。以来、歴史上に名を馳せる武将が信仰し、戦勝を祈願してきた。江戸幕府初代将軍・徳川家康は、関ケ原の戦いの戦勝祈願の御礼として、馬場を献上し、楼門などを修復している。創建の日に開催される例大祭「くらやみ祭」は、今も府中市の一大行事。毎年、約70万人を集めて大いに賑わう。

大國魂神社
所在地:東京都府中市宮町3-1 
電話番号:042-362-2130
開門時間:6:00~18:00(9月15日~3月31日は6:30~17:00)
https://www.ookunitamajinja.or.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ