マンション購入のウソ・ホント(2)「北」「西」向きはやめた方が?

■バルコニーの方角で住み心地が決まる?

マンションのバルコニーがどちらの方角を向いているかは、少なからず住み心地に影響します。同じマンションで価格と広さも同じなら(実際にはあり得ませんが)、南向きの住戸がほしいとだれもが思うでしょう。販売する側もなるべく南向きが多くなるように建物を設計するわけですが、すべての住戸を南向きにできないケースも少なくありません。東向きならまだイメージがいいのですが、西向きや北向きとなると人気がイマイチになることも多々あるようです。でも、西向きや北向きは本当に住み心地が良くないのかというと、そうとも限りません。以下、方角ごとのメリット・デメリットを考えてみましょう。

■日照時間が長く暖かい南向き

まず一番人気の南向きですが、言うまでもなく日照時間が長く暖かいことが好イメージの最大の理由です。欧米人に比べて日当たりを重視するといわれる日本人にとっては憧れの存在でしょう。でも、南向き住戸のメリットといえば日当たりぐらいです。昼間家に人がいないDINKSなどにとっては、同じ広さで価格が高くなる南向き住戸は「宝の持ち腐れ」になるかもしれません。それにいくら南向きでも目の前に高い建物が建っていれば日照は期待できないのです。

■朝日が当たる東向きは良好なイメージ

南向きに次いでイメージが良いのは東向きです。なぜかというと、朝日が当たるからでしょう。帰りが遅い人でも、朝日が当たる時間には家で身支度をしていることが多いですし、なにより日の当たるバルコニーで洗濯物を干すのは気持ちがいいものです。でも、東向きだと午後は日が当たりません。特に日の昇る時間が遅い冬は部屋に日が差す時間も短く、午後は寒くなりがちです。逆に夏の午後は直射日光が避けられるので涼しいのですが。

■西向きは夏の暑さが敬遠されがち

東向きとは逆に午後に日が差す西向きは、「西日が当たる」ということで夏の午後は暑くなるイメージがあり、敬遠されがちです。逆に午前中は日が差さないので、冬は洗濯物がなかなか乾かないことが不人気の原因かもしれません。でも冬は午後に日が差すので、東向きよりは暖かいことが期待できます。夏の午後の日差しも、上の階のバルコニーが庇の役目を果たすのである程度は防げるでしょう。「夕焼けを見るのが好き」という人にはお勧めです。

■価格が安いことが北向きの最大のメリット

4つの方角のなかで最も不人気なのが北向きです。年間を通して日差しが期待できず、北からの冷たい風が吹き込んで寒いイメージが強いのでしょう。でも、マンションの住戸は角住戸や最上階、1階でなければ上下左右をほかの住戸に囲まれているので、一戸建てに比べて冬でも暖かいのが一般的です。躯体のコンクリートは熱を蓄える性質があるので、室内が一度暖まれば日差しがなくてもそれほど寒くはないはずです。なにより、北向きの住戸はほかの住戸に比べて安いので、同じ予算でも広い家が買えることが最大のメリットと言えます。

■タワーマンションでは方角より眺望が大事

こうしてみていくと、西向きや北向きにもメリットはあるので、「やめた方がいい」というわけではないでしょう。さらに超高層のタワーマンションの場合は、住戸の向きよりも眺望の方が住み心地や住宅価格に影響します。タワーマンションは建物の4面に住戸が配置されるので、西向きや北向きの住戸も少なくありません。でも高層階の住戸は周りに採光を遮る建物がなく、窓サッシも広いことが多いので北向きでもけっこう明るいのです。それに高層階では「バルコニーからなにが望めるか」が重要なので、例えば夜景がきれいだったり海の眺めが開けていたりすると、北向きの方が南向きより人気が出ることも珍しくありません。

PAGE TOP