重盛永信堂

店頭

1917(大正6)年創業の人形町名物「人形焼」で知られる老舗で、水天宮を前にした交差点の角に店を構える。“重盛の人形焼”と呼ばれ、毎日行列ができるほどの人気ぶり。のれん分けしたお店が都内に12店舗ほどあるが、百貨店では販売していないので、これらの店でしか買うことができない。名物の人形焼は職人が枠型で焼き上げる手づくり。フワフワのスポンジ状の皮が多い中、この店のものは皮が極薄でもっちりとした食感が特長で、口の中でとろっと溶けていくよう。北海道産の小豆を使ったあんこがずっしりと詰まっている。定番は、七福神の顔がかたどられた一口サイズのこしあんで、ほかに白あん入りの登り鮎、粒あん入りのつぼ焼もある。1個130円。
また、人形焼と人気を二分するゼイタク煎餅は、小麦粉、卵、砂糖の生地に天豆が入ったものと、つぶしたピーナッツをまぶしたものが好評で、素朴でクラシックな味わいがウケている。

重盛永信堂
所在地:東京都中央区日本橋人形町2-1-1 
電話番号:03-3666-5885
営業時間 : 9:00~20:00(土曜と営業日の日曜・祝日は~18:00)
定休日:日曜(戌の日・大安は営業、月曜日代休)
http://www.shigemori-eishindo.co.jp/

PAGE TOP