日本橋

日本橋

日本橋は1603(慶長8)年に初めて架設された。当時、日本橋の持つ意義はたいへん大きく、江戸に権力を集中しようとした幕府は1604(慶長9)年、日本橋を五街道の起点と定め、これにより日本の幹線道路は日本橋を中心に決められた。日本橋には金貨を鋳造する金座も設置され、以降江戸期を通じて商業、金融、文化の中心地として発展した。

現在の石造りの橋は20代目で1911(明治44)年に架設された。橋の欄干の装飾は明治を代表する芸術品といえる。高速道路が上を走り、ビルに囲まれて、橋を確認しにくいものの、橋の中央には「日本国道路元標」が埋め込まれていて、ここが国道の起点ということを教えてくれる。ところで日本橋の名前の由来だが、架橋当時は丸太2本が渡されただけの「二本橋」だったものが、橋の改修とともに「日本橋」に変わっていったという説がある。

日本橋
所在地:東京都中央区日本橋1 

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP