甘酒横丁

甘酒横丁

人形町通りから浜町公園や明治座の方角に延びた、東西約250メートルの通り。明治の初め頃に横丁の入口に水天宮の参拝客に人気の甘酒屋「尾張屋」があったことが、その名の由来である。当時は現在よりも「横丁」らしく道幅も狭く、位置もやや南よりだったとのこと。現在は「尾張屋」の跡地には別の店が建っているが、往時をしのばせる昔ながらの店がひしめき合い、下町情緒を満喫できる散歩道となっている。

甘酒横丁で人気の店は沢山あるが、いなり寿司の「志乃多寿司総本店」、豆腐の「双葉」、玉子焼きと焼き鳥の「鳥忠」、行列の出来る鯛焼「柳屋」など。また、食べ物屋のほか、「岩井つづら店」や三味線の「ばち英」など昔ながらの職人芸を伝える職人の店なども有名である。

人形町商店街協同組合では甘酒横丁を含む人形町全域の商店マップを毎年作成し、加入店の店先などで無料配布しているので、見かけたら一部手に取ってみるのをお勧めする。

ショッピングモールや百貨店にはない、「江戸」の情緒を味わいながら買い物を楽しめるのが、日本橋「甘酒横丁」ならではの魅力だろう。

甘酒横丁
所在地:東京都中央区日本橋人形町 
http://amazakeyokocho.jp/

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP