江戸~明治の頃から続く名店が揃うグルメストリート・甘酒横丁

ずっしりと重みのある玉子焼きなら「鳥忠」である。玉子焼きの実演を行っていることもあって興味を引かれて訪ねたら、ぜひ玉子焼きは買っておきたいところだ。食すれば甘みの強い、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる玉子焼きに涙する人もいるだろう。

たいやきや 柳屋

甘酒横丁に来たら忘れてはならないのが「柳屋」のたいやきである。全身をリズミカルに動かしながら焼かれていくたいやきは、十勝産の小豆を厳選し、必要な量だけ焼くのだという。あつあつのできたてあんこを使うので、しっとりとした味わいになっており、暑い夏の日でも行列ができるというから、その美味しさの威力は相当なものだ。

板倉屋

他にもいなり寿司で有名な「志乃多寿司総本店」や、手焼きせんべいが人気の「にんぎょう町草加屋」など、下町グルメの名店が甘酒横丁には目白押し。さらに食べ物ではないが、力士の衣装入れでおなじみのつづらを専門に江戸時代からつくり続ける「岩井つづら店」や、三味線のばちを専門としている「ばち英」など、特徴的なお店が連なっている。

いずれも江戸~明治時代あたりからつづく老舗と呼んでいいお店ばかりの並ぶ、甘酒横丁。栄枯盛衰の激しい世の中で、変わらず長きにわたって愛されるというのは、効率など考えないこだわりを持ったものなのではあるまいか。

1 2

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP