江戸~明治の頃から続く名店が揃うグルメストリート・甘酒横丁

効率がよければ、商売は儲かる。しかし人間、そればかりが大切なわけではないということが、ここに来ればわかるはずである。

甘酒横丁

甘酒横丁である。水天宮からほど近く、明治座のあたりから地下鉄の「人形町」駅A1出口付近まで連なる、まるで時計の針が止まってしまっているのではないか、と感じるような商店街である。飲食店が多く、「グルメストリート」などと呼ばれることもあるという。

もともとはもう少し南の方に位置しており、道幅も狭い小径だったという。明治の始め頃、角に「尾張屋」という甘酒屋さんがあり、繁盛していたことから「甘酒横丁」という名がついたのだそうだ。その尾張屋は今は店を閉め、横丁の名もいったんは消えかかったが、1980年代に1907(明治40)年創業の豆腐店「双葉」が店頭で甘酒を売り出し、復活した。

老舗がズラリ!甘酒横丁散策

その双葉の名物は、直径12センチにもおよぶがんもどき。お正月に、大小のがんもどきを重ねてみかんを乗せ、鏡餅風にしたところ評判を呼び、定番商品にしたのだとか。世の中、何がどう転ぶかなんて、効率だけを考えていたらわかるはずもない。

流行のトロトロ系ではなく、昔ながらのオムライスを出してくれるのは「西洋料理ぐるとん」である。こちらはマカロニグラタンが美味で、蟹風味でも、蟹入りでもなく、蟹そのもの、と言いたくなるくらいたっぷりと蟹の入ったグラタンになっている。儲けはあるのかしら、なんて心配をするのは野暮というものだろう。

1 2 

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP