日本橋三越本店

日本橋三越本店

「ライオン像」のシンボルでおなじみの、日本を代表する老舗のデパートメントストア。江戸時代の呉服店「越後屋」から始まり1904(明治37)年に日本初の百貨店業態を取り入れて、大正時代には「今日は帝劇、明日は三越」と謳われて人々の憧れを集め、その後もデパートの歴史を牽引し続けてきた名店である。現在、地下1階地上7階建ての本館と、地下2階地上10階建ての新館があり、フードやレストラン、カルチャー、ファッション、リビングなど、まさに「百貨」の品揃えを誇っている。

また、専門の資格を取得した販売員によるアドバイスのサービスも充実。地下1階のフードフロアにはワインアドバイザーや日本酒のきき酒師、各ファッションフロアにはシューカウンセラーやフォーマルスペシャリスト、そのほかにも旅行の相談、介護や薬剤の相談まで、生活のあらゆる場面でのアドバイスを専門とするスタッフがいるので、インフォメーションで尋ねてみるとよいだろう。なお、ルネサンス様式が美しい日本橋本店の本館は、1935(昭和10)年に完成したもので、東京都選定歴史的建造物に指定されている。1階中央ホールにはパイプオルガンが設置されており、毎週金曜日から日曜日には1日3回の生演奏が行われている。

日本橋三越本店
所在地:東京都中央区日本橋室町1-4-1 
電話番号:03-3241-3311
営業時間:10:30~19:30(新館9階・10階レストランは11:00~22:00)
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihom..

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP