明治座

明治座

演歌歌手のコンサートや時代劇、歌舞伎の公演でおなじみの「明治座」は、1873(明治6)年創業の東京で最も長い歴史を持つ劇場。その前身はよしず張りの芝居小屋から始まり、今では総座席数1,368席という大劇場であるが、その歩みは平坦ではなかった。興行禁止や幾度もの厄災による焼失、度重なる所有者の変更や改称などを経て、明治座が現在の近代的な劇場(浜町センタービル内)になったのは1993(平成5)年のことである。大正の後半に松竹の所有となるまでは所有者も幾度も変わったが、第二次大戦後からは明治座の独立した運営会社が設立され、現在に至るまで自主興行が行われてきた。2018(平成30)年には創業145年を迎えるとあって、これからもバラエティ豊かな演目が期待される。

公演のチケットは、窓口購入や電話予約のほか、お客様登録によるインターネット予約システム「席とりくん」でも購入できる。また、10名以上の団体なら「グループ観劇予約」の利用が便利。食事やお土産の手配までサポートしてくれるので、宴会や福利厚生のイベントにも好評とのことである。

明治座
所在地:東京都中央区日本橋浜町2-31-1 
電話番号:03-3660-3939(代表)、03-3666-6666(チケットセンター)
http://www.meijiza.co.jp/

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP