ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

創業300年以上の老舗醤油店「ヤマサ醤油」の創業家・濱口家は、江戸後期に活躍した南画家であり五代目社長でもあった濱口灌圃をはじめ、芸術家を生み出してきた家柄でもある。「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」は、カラーメゾチントという独特の銅版画技法を開拓した版画家であり、十代目社長の三男である濱口陽三の作品を蒐集・展示する美術館。もとはヤマサ醤油の倉庫として使われていた建物を改装した美術館の中では、その卓越した技法が生み出す世界の魅力を、様々な企画とともに公開している。

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7 
電話番号:03-3665-0251
開館時間:11:00~17:00(土曜日・日曜日・祝日は10:00~17:00)※入館は16:30まで
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、夏季、展示替え・特別整理期間
http://www.yamasa.com/musee/

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP