とうふの双葉/豆腐料理 双葉

とうふの双葉/豆腐料理 双葉

甘酒横丁の入り口近くにある「双葉」は、1907(明治40)年に創業し、以来ずっと豆腐一筋で商売を続けている甘酒横丁でも屈指の老舗。甘酒横丁は明治座にも近いため、各界の著名人の利用も多い。

双葉のモットーは“鮮度が命”。店の裏側には100年以上も稼働し続ける豆腐工房があり、作った豆腐はその日のうちに売り切っている。素材の吟味も徹底しており、大豆は国内産の豆腐用品種「オオスズ」を使い、天然にがりで丁寧に仕込み、掬い上げている。

手間ひまかけてつくられる豆腐は一丁200円、絹一丁300円。店頭には豆腐以外にも、厚揚げやがんもなどが売られている。がんもだけでも多くのバリエーションがあり、特に名物商品となっているのは「ジャンボがんも」。また、「豆腐ドーナツ」も全国から注文の電話が入るほどの名品だ。

店舗の2階は「豆腐料理 双葉」となっている。こちらでも、「ジャンボがんも煮」など、双葉の名品が味わえ、人気店となっている。

とうふの双葉/豆腐料理 双葉

とうふの双葉/豆腐料理 双葉
所在地:東京都中央区日本橋人形町2-4-9 
電話番号:03-3666-1028
■豆腐料理 双葉(2F)
営業時間:11:00~14:00(13:45 L.O.)、17:00~22:30(21:30 L.O.)
定休日:土曜日夜・日曜日、祝日

PAGE TOP