ちどり屋 人形町本店

ちどり屋 人形町本店

オフィスの多い街でありながら江戸情緒が漂う街・人形町。手ぬぐい専門店の「ちどり屋」は、その景観にしっとりと馴染んでいる。可愛らしい千鳥のマークにつられて古民家風の木戸をガラガラっと開けると、店内所狭しと多種多様な手ぬぐいと手ぬぐい生地を使った和雑貨が並んでいる。

ちどり屋 人形町本店

スタッフの女性たちはきちんと和服を着て、親しみやすい笑顔で迎えてくれる。こちらの店には1,800種類近くの手ぬぐい製品を用意している。ちどり屋オリジナル製品と、手ぬぐいなどの老舗店の商品も扱っている。手ぬぐいのほか、ハンカチ、扇子、下駄、ブックカバー、シュシュ、ベビー用品、バックなど手ぬぐい生地を使った各種和風小物まで、どれも見ていて飽きることがない。

ちどり屋 人形町本店

アイデア商品も多く、手ぬぐいを額装して絵のようにしつらえたり、布地のご祝儀袋などは最初の役目を終えたらあとは手ぬぐいとして再利用できるようになっている。「涙も拭けるブックカバー」や、オリジナル柄の「桜唐草(サクラカラクサ)」は上から読んでも下から読んでも同じという、ちょっとシャレの利いた商品。ちどり屋オリジナル商品はどこかにちょっと楽しいスパイスがあるものが多い。ここ人形町店でしか扱っていないものもある。

ちどり屋 人形町本店

「ちどり屋」で扱っている手ぬぐいは、すべて「注染(ちゅうせん)」と呼ばれる染色方法で染められ、一つ一つ手作りしている。熟練の職人達による手染の「注染」は、伝統工芸にも指定されている。染料を浸透させて作るので、布の表裏なく両面染まるのが特徴だ。手間と時間と技術が必要だが、そのため染め上がった生地には凛々しさもあり、1枚ごとに味わいが異なる魅力がある。お気に入りの柄と、木綿の心地良い感触は日々使うモノとして優しく手に馴染む。

ちどり屋 人形町本店

伝統的な文様から、スヌーピーやミッフィー、ドラえもんなどキャラクター柄もある。使い方も「ぬぐう」「かぶる」「隠す」「包む」などのほか、飾りにしたりお風呂や掃除道具など無限大の方法がある。瓶や丸いモノなどの包み方なども聞けば教えてくれる。エコロジーの観点からも日本が大切にしたい「和の心」の文化だ。

ちどり屋 人形町本店

人形町を舞台にしたテレビドラマではここも舞台の一つとなり、商品もドラマ内で使われている。平日は近隣に暮らす人や務めている人たちが多く訪れるが、休日には人形町散策外スポットとして訪れる人も絶えない。「東京」駅も近いので、出張に行く際に、お土産を購入していく人も多い。

ちどり屋 人形町本店

男性が持っても似合う柄もたくさん用意しているので、客層は男女・年齢問わず幅広い。店内には様々な使い方、あつらえ方を提案している。とにかく商品の量が豊富なので、目移りして思わず長居をしてしまいそうになる。時間に追われずゆっくりのんびり選びたいものだ。

ちどり屋 人形町本店

ちどり屋 人形町本店
所在地:東京都中央区日本橋人形町1-7-6 HSビル1F
電話番号:03-5284-8230
営業時間:平日 11:00~20:00、土日祝 11:00~19:00
定休日:不定休
http://shop-chidoriya.com/

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP